13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|一般的に国家試験の公認会計士試験の合格率の値は…。

2017-06-17 10:40:08 | 日記

ベテランの先生たちに直々に指導を受けることが出来る予備校通学の長所は、惹き付けられるものがありますが、ずっと積極的な姿勢さえ持ち続けることが出来るなら、公認会計士の通信教育での学習によって、望んでいる実力を育むことができるのではないでしょうか。
国家試験の制度の修正をきっかけに、今までの運や不運に左右される不確定な博打的要素が取り払われ、本当に手腕があるかないかが見られる試験として、現在の公認会計士試験はリニューアルしたんです。
現実公認会計士国家資格試験の合格率は、1割ほどと認識されています。近ごろ、国内でも米国をモデルにした法科大学院が建てられ、そのコースを終了したら、新司法試験を受けることが出来る資格を獲得することができます。
法令系の国家資格であって、高い専門性を持つ仕事を担う、公認会計士はじめ公認会計士ですが、難易度を比べますと公認会計士の方が難関で、加えてその取り扱う業務内容にも、沢山相違点が存在しています。
元より公認会計士試験に関しては、中途半端な取り組みであったら不合格になってしまう、困難な試験だというように強く思います。結局のところ勉強にあてることができる時間を手際よく使用し試験勉強に励んだ受験生が、合格を得られる結果となるのです。

一般的に国家試験の公認会計士試験の合格率の値は、大体10%ほどと、狭き門と言われているにしては、比較的高い合格率となっております。されど、初回で合格するのは、限りなく0%に近いということがわかっています。
実際に会計科目の簿記論は、マスターしないとならない事柄は沢山ありますが、ほぼ完全に計算形式の問題で出されるので、公認会計士になろうとするためには、相対的に一から独学でやっても、勉強がとりかかりやすい種類の試験科目とされております。
現実全科目での平均合格率の数字につきましては、10〜12%程度となっていて、他のハイレベルな資格よりも、合格率が若干高いように感じがちですけれど、これにつきましては各受験科目の合格率ということであって、公認会計士試験全体の合格率ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
通常通信教育でありますと、公認会計士試験に集中した対策を完璧に取り扱っている、公認会計士向けのテキスト教材が取り揃っているため、完全独学よりも勉学の流れが認識しやすく、勉強が効率よくできるはずです。
もとより公認会計士試験をはじめから独学で挑むことは、めちゃくちゃハードルが高いのですが、独学にて挑みたいと思われているような方は、先に簿記論や財務諸表論をはじめとする会計科目の習得から挑むと良いのではないかと思われます。

従前は公認会計士試験に関しては、他よりも狙いやすい資格だなんて言われていたわけですが、ここ最近はすっごく難関資格になっていて、めちゃくちゃ合格が出来ない資格と言われています。
はじめから独学だけで学習を行うといった、やる気はありませんけれど、自身のコンディションに沿って学べればという人には、やはり公認会計士の通信講座の方が、適切な勉強法といえます。
実際に合格者の合格率が全体の7%前後とすると、公認会計士の国家試験はとても難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、設定された目安の最低60%以上の問題がバッチリ解けるようであれば、合格を勝ち得ることは絶対でしょう。
世間的に公認会計士の資格取得は、法律による資格試験の狭き門ながら、広い世代に人気が集まっている一方で、合格を勝ち取った以後は、自ら公認会計士事務所を設立し、独立・起業も実現できる法律系国家試験の一つです。
安めの価格設定、出題の範囲をセレクトし、かける合計の学習量を少なくしたカリキュラム設定、質の高い教材各種などが人気になっている実績豊富なフォーサイト。公認会計士向けの通信講座ならばコレ、と断言できるくらい、人気が集まっております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際国家資格の... | トップ | 公認会計士|無論公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL