13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ会計士が教える独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|地域に密着した『くらしの法専家』として…。

2017-06-13 13:30:02 | 日記

法律学部を卒業していなくとも、及びNO知識&経験であれど公認会計士の資格はとれますがだからこそ独学スタイルなら、何百時間もの勉強時間・量も要必須です。ちなみに私も独学を貫いて試験に合格をしたんで、心底思います。
地域に密着した『くらしの法専家』として、活躍可能な公認会計士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は不問です。原則的に誰でありましても挑めますので、数ある通信教育でも、性別は関係なしに幅広い層の方達から支持を集めるランキング上位の資格であります。
国家資格5科目合格に到達するまで、長い年数がかかってしまう公認会計士試験では、常に勉強をやり続けられる態勢をつくることができるかが、大きなポイントとなり、通信教育(通信講座)については、一段とそうした点が影響してきます。
目下皆様が、公認会計士の試験合格体験談というのを、色々サーチして見られている理由は、大半が、どのような勉強法が己自身にフィットするのか、迷いがあるからではないでしょうか。
実際特殊な法令の中身で、難易度が超高くなっておりますけど、基本的に公認会計士試験につきましては、科目ごとの合格システムを起用しているので、一つの教科毎に複数年かけその都度合格をしても、OKな試験でございます。

本来合格率といいますと、公認会計士国家試験の難易度を確かめる確たる指標の1つですが、ここ数年、以前よりこの数字が大幅にダウンしており、受験生達に関心を向けられております。
日本で実施されている国家資格の中でもトップクラスにランクインする難易度として名高い公認会計士試験の内容は、全11科目の法律の範囲より多くの問題が出されるから、合格を狙うには、長い期間に渡っての勉強時間の確保が欠かせません。
1年に1度、大体2万名から3万名の受験生が試験を受けて、その中からたったの600人〜900人ほどしか、合格が難しいです。その一面を鑑みても、公認会計士試験の難易度の様子が認識できます。
近いうちに資格取得に向けて学習をスタートする人達におきましては、「公認会計士試験に関しては、どれほどの学習時間を確保したならば合格が叶うの?」というのは、当然気になるところでしょう。
結論から言いますと、実際に独学にて実施しても、キッチリ満遍なく、公認会計士のすべき役目について習得できるんであれば、合格も夢ではありません。だけど、これにはよっぽど、長い期間に渡るということが求められます。

ちょっと前までは合格率の数字が10%強をキープしていた公認会計士試験も、今では、低下し1割満たない値でずっと定着をみせております。合格率が一桁ならば、難易度レベル高のランキング上位の国家資格として、認知されることになります。
資格取得が難しい試験といわれる公認会計士試験に挑むには、全力で取り組まないと合格は無理。且つまた一切独学で合格を実現するといったことは、かなりの努力が必要でしょう。ほんの僅かであれどお役に立てるHPとして使ってもらえたならありがたいです。
基本公認会計士試験におきましては、年齢や性別、これまでの学歴などの制限は設けられておりませんから、老若男女受験することが出来ます。万一法律につきましての知識を持っていないビギナーでありましても、しっかりとした受験の対策を行えば、合格することも可能です!
総じて、公認会計士試験に全て独学にて合格を叶えるのは、とても難しいという事実をあらかじめ確認しておくように。それに関しては各年の合格率の割合が10%に届くことがない現実からも、明らかにイメージできる事柄です。
常に何でも「法律を基軸とした問題に接することが可能である人」かそうでないのかを判別するような、めちゃくちゃ難易度の上がった試験に進化しているのが、つい最近の公認会計士試験の実態といえるのでは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際毎年…。 | トップ | 公認会計士|普通公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL