13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|実際に合格率が10%以下と…。

2017-07-16 11:20:07 | 日記

一般的に消費税法については、行政書士試験の科目内では、過度に難しい難易度ではなく、簿記の基礎知識をいくらか持つことができていれば、割かし困難とせず、合格レベルに到達することが実現可能でしょう。
基本行政書士は、全て独学で行っても合格を手にすることができる資格といえます。今現在、会社員である人が奮起して取り組む資格としては希望が持てますが、背中合わせで高難易度とされております。
実際に合格率が10%以下と、行政書士試験はとても厳しい難易度の試験の一つと言えるでしょう。とはいえ、あまり気後れすることはないですよ。全力を注げば、誰であってもバッチリ合格は切り開けます!
受講料が30万円以上かかる、または50万円以上を超す、行政書士対象の通信講座などもさほど珍しくありません。その場合受講のスパンも、1年以上継続の長い月日の課程であるというのが、しばしばございます。
通学での講座と自宅にいながらの通信講座を並行して受講できるカリキュラムがある、「資格の大原」のスクールにおいては、優れた学習材と、プラス実力のある講師陣で、毎年行政書士合格者の全体の1/2以上を生み出す輝かしい実績を誇ります。

イチから独学で行政書士試験合格を狙うには、自分なりに最善の勉強法を見つけなければいけません。その場合に、著しくいい手立ては、先陣の合格者がやった勉強法とそのまんま同じようにすること。
従前は一般的に行政書士試験は、他より比較的とりやすい資格と伝えられておりましたけれど、今は思い切り難しくなっており、超合格することが難しい資格でございます。
この先資格取得に向けて学習をし始めるといった方は、「行政書士試験は、いくらくらいの学習時間をとったならば合格をゲットできるのか?」ということが、気になる点だと思います。
身近な地域の法律家として、法律の知恵をアドバイス&力になれる行政書士の受験に、学歴や資格は不問となっています。基本受験したいと思えば誰もが皆さんチャレンジすることが可能なため、通信教育のコースの中でも、性別問わず幅広い年齢層より人気抜群の国家資格となります。
元より行政書士試験に関しては、不十分な努力ですと満足のいく成果がみられない、非常に厳しい試験だと受け止めております。結局限られた時間を能率的に使用して受験勉強を行った人が、合格への道が開ける試験なんです。

実際特殊な試験内容で、難易度が非常に高度となっておりますが、基本的に行政書士試験につきましては、社会人も受験しやすいように科目合格制度の採用を行っているため、各々5年にわたって合格していくスタイルであっても、OKな試験でございます。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして考える力が備わっている人」であるORないのかを判断するような、大分難易度が厳しい試験になってきているのが、近ごろの行政書士試験のリアルな現状といえるのでは。
大概のことは全て集約した教科書の中であろうと載せられていない、より深い知識が要求される問題に関しては、サッパリととばしましょう。言ってしまえばドライな結論を選択することも、難易度がめちゃくちゃ高い行政書士試験にあたっては、重要とされます。
世間一般的に行政書士の代わりに法的業務を行う街の法律屋さんとして、活動に期待が集まる行政書士の身分は、権威ある職業資格です。だからこそ、試験内容の難易度も超ハイレベルです。
ほとんど独学で行っているのはすごいけど、勉強にあてる時間の管理や学習スタイルに対することなど、気になる点が存在する等々の際は、行政書士試験対象の通信講座にて学習するのも、一つのスタイルかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|基本的に行政書士... | トップ | 行政書士|行政書士試験の試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL