13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|行政書士と並ぶ法律系の国家資格とされ…。

2017-06-19 02:20:07 | 日記

科目ごとの合格者の合格率は、約10%辺りと、全科目もそろって難易度高の行政書士試験は、科目合格制となっておりますため、仕事しつつ合格を実現できる、資格試験といえます。
一般的に国家試験の行政書士試験の合格率に関しては、10%前後と、超難関と知られている割には、比較的高い合格率となっております。ですが、初回で合格を可能にするのは、ほぼ不可能なことと言われている現状です。
ほとんどの方は、しばしば見聞きする会社であるからとか、動機の無いいい加減なきっかけで、通信教育を選びがちです。けれど、そういったことでは高レベルの行政書士に、合格はできないといえるでしょう。
主流の学校においては、行政書士用の通信教育が開かれています。その中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、時代の先端を取り入れた通信教育を実施している、学校も登場しております。
かいつまんで言えばいわゆる「足切り点」という基準点制度が、行政書士試験には存在しております。わかりやすく言い換えますと、「規準点に届いていないと、不合格となります」なんていう数字が最初に設けられているわけです。

難易度の高い「税法の理論暗記」を中心とし、行政書士試験勉強法のアドバイスかつまた効果が期待出来る頭脳のトレーニング、速聴・速読力を磨く強化メソッドに関しても考察!あとは様々な暗記の仕方でありますとか、勉強する際に、役に立つ押さえておくと良いポイントをこのサイトで情報発信していきます。
実際に難易度がスゴク高い資格試験になっておりますけど、それぞれの科目ごとに別々に受験するといったこともできることによって、それも関係し行政書士試験につきましては、いつも5万以上もの人が受験を行う、国家試験です。
最初から最後まで独学で行政書士試験合格を勝ち取ろうとする折には、自分なりに最適な勉強法を確立しなければいけません。そのような場合に、一等最良な取り組み方法は、試験合格者がとった勉強法を参考にすることです。
平成18年の法令変更により、行政書士試験制度については、沢山改正が実施されました。例えば法令科目が、重きを置かれるようになり、択一式の試験問題や、記述方式問題みたいな新しい傾向の試験問題も出されています。
ピント外れの勉強法で挑んで、わざわざ遠回りしてしまうのは非常にもったいないことです。とにかく能率的な進め方で短期スパンで合格を実現し、夢の行政書士の道を切り開きましょう。

基本的に行政書士試験を誰にも頼らずに独学合格することは、難関ではありますが、勉強の進め方を効率よくしたり、情報を色々揃えることで、短期スケジュールで合格することも、実現不可能なことではないのです。
低プライスや出題される範囲をピックアップし、勉強量をカットしたカリキュラムづくり、高品質の学習材などが受験生の間で人気となっておりますフォーサイト。実際行政書士の通信講座でしたらこのスクールが1番おススメ、等と口々に言われているくらい、高人気となっています。
行政書士試験の簿記論については、覚えなければいけない量はいっぱいですけど、全体的に計算タイプの試験問題にて構成がなされているため、行政書士は割りと独学で行っても、勉強がとりかかりやすい教科内容といえます。
行政書士と並ぶ法律系の国家資格とされ、高度な専門性を持った業務を担う、行政書士・行政書士であるわけですが、難易度のレベルは行政書士の方がハードで、そしてまたその取り扱う業務内容にも、色々な点で違いが見られます。
合格率の数字が7%ほどと、行政書士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い試験の一つと言えるでしょう。しかし、あまり恐れなくてもよいのです。一生懸命頑張れば、誰であっても確実に合格は得られるはず!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|実を言えばDVD... | トップ | 行政書士|巷で人気のユーキ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL