13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|非効率的な勉強法を実践して…。

2017-07-29 21:30:04 | 日記

行政書士の簿記論に関しては、理解するべき内容は大量なわけですが、100パーセントの確率で計算する問題でつくられているので、行政書士資格は法律系資格のうちでは、他よりオール独学であっても、身につけやすい専門科目となっています。
実際行政書士試験は、合格率の数値が6%ほどという風に言われていて、事務系の公的資格としましては、狭き門の資格だと感じられるでしょう。ですけど、出された全問題の内の約6割正解すると、合格すること間違いありません。
実際とても難しいと広く知られております行政書士試験の難易度については、大変高度で、合格率の数値もたったの2%・3%と、法律系国家資格の中でも、トップクラスの難関系試験とされております。
できるなら危険を回避、リスクを低くする、用心するに越したことはないという目的で、行政書士試験を目指す場合、行政書士資格取得対象の予備校などに通う方が良いといえますけれど、オール独学をセレクトする考え方も構わないと思います。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、合計勉強時間のリスク面を見ると、行政書士資格の受験は学校が提供している通信講座、でなければ通学して授業を受ける通学講座を選択すると言うのが、より安心だろうと思っています。

通学での講座と自宅にいながらの通信講座を交互に受講できるようになっている、資格取得専門の有名どころ「資格の大原」については、満足のいく指導書と、経験豊富な講師陣で、行政書士試験合格者の二分の一の数を巣立たせる高い実績を有しています。
基本的に通信教育は、学習材の出来栄えが最終的に合否を分けます。今日ではDVD及びインターネット配信などの映像教材も大変充実しておりますけれど、行政書士の資格学校によって、それらの内容に関しては実に様々です。
行政書士に関しては、もしもたった一人で独学だったとしても合格を目指せる資格とされております。目下、サラリーマン・OLなどの方が決心して挑む資格としては現実味がありますが、その反面高難易度とされております。
当然専門のスクールに通わずとも独学で、合格を志すのは、可能であります。そうはいっても、行政書士については全10名受けて、1人でさえも受からないようなハードルの高い試験といわれています。そこを勝ち抜くには、能率的な勉強方法をマスターするべきです。
いかような問題集を使用して習得するかなどということよりも、どんなタイプの効率的な勉強法で学習を進めるのかということの方が、明らかに行政書士試験をクリアするためには肝心だと言えます。

合間の時間を上手に使い、勉強が行えるため、会社へ行きながらあるいは家事などと諸々両立して行政書士資格をとろうと考えがある受験生には、時間の都合が付けやすい通信講座については、ひときわ便利といえます。
深い知識・経験を要する法令の中身で、難易度がとても高めでありますが、基本行政書士試験においては、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度が実施されているので、それぞれの科目ごとに一年に一度5年かけて合格をゲットしていっても、オッケーとされている試験となっています。
低プライスや問題出題範囲を選んで、学習の量を少なくしたカリキュラム設定、高い精度の学習材などが人気である通信教育の「フォーサイト」。行政書士の通信講座ならどこよりココ!と断定できるほど、受験生の間で人気となっています。
従前は合格率の数字が10%強が一般的だった行政書士試験でありましたが、今現在、一桁の割合となって定着しています。合格率が一桁ならば、難易度が高めの難関資格のひとつとして、認められます。
非効率的な勉強法を実践して、自ら遠回りをしてしまうということほど、意味の無いことはありません。何が何でも、最善の学び方で短期の間で合格を見事果たして、行政書士になる夢を叶えましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|会社に勤めながら... | トップ | 行政書士|効率の悪い勉強法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL