13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|難易度の高い資格試験と知られております行政書士試験に関しては…。

2017-07-12 19:40:03 | 日記

これより行政書士の資格をとろうと受験勉強をし始めるといった方は、「行政書士試験は、何時間ほどの学習時間を確保したならば合格するのか?」といったことは、当然気になるところでしょう。
従来より、法律についての知識が全く無い時点から着手して、行政書士試験合格に確保すべき合計の勉強時間は、大体「3000時間強」と周知されています。現実を見ても、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
難易度の高い資格試験と知られております行政書士試験に関しては、本気で取り組まなければ100パーセント合格は叶いません。さらにまた独学にて合格を目指そうとするなら、物凄くガンバル必要がございます。僅か程度であってもお手伝いできる情報ページになったら嬉しいです。
いわゆる難関と言われている行政書士試験の難易度というのは、極めて高いとされ、合格者の合格率も3%以下と、国家資格内でも、10本の指に入るまさに難関試験とされています。
一般的に9月に入ってから、来年の行政書士試験に臨むために事に当たりはじめる受験者も、結構多いかと思われます。1年ぐらいに及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、ご本人に適当な勉強法を見つけることも超重要になります。

科目合格制となっている、行政書士試験の資格の取得は、1度の試験にて一気に、5種類の科目を受けることは必須ではなく、時期をずらして1教科ごと数年かけて受験を実施してもいいシステムです。合格した科目については、行政書士の資格をとるまで合格として認められます。
科目による合格率の値に関しましては、大よそ10%程度と、各々の教科ともに難易度が高めの行政書士試験は、科目合格制となっておりますため、仕事に就きながら合格することも現実にできる、資格といえるのです。
通常例題で理解を深め十分頭にいれ基礎作りをした後、実際の応用問題へスウィッチしていく、いわゆる王道の勉強法をし続けるというのが、行政書士試験の内におけます簿記論マスターに関しては、大変有効性があるとされます。
通信教育の場合、行政書士試験に集中した対策をパーフェクトに記載した、行政書士資格専用の教材が用意されているので、独学でやるよりも勉強方法が掴み取りやすく、勉強が行いやすいと言えるでしょう。
現実的に科目合格制という制度が採用されていることから、行政書士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験に挑戦しやすいのだけど、その一方受験に向けて取り組む期間が長期化することが傾向として起こりがちです。そのため、過去に合格した先人の適切な勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。

現に法科大学院の修了者であろうと、不合格となってしまうことが起こりえるため、効率的な効率のいい勉強法を計算して立ち向かわなければ、行政書士資格試験合格実現はハードとなるでしょう。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、高い難易度とされている行政書士でございますが、しかしながら合格を切り開く過程が障害が多いからこそ、資格を勝ち取った将来には就職率の高さや報酬額、さらに高いステータスを持つことが出来る現実も近づきます。
一般的に行政書士試験の独学での合格は、難関ではありますが、学習方法に工夫を加えたり、様々な情報をキッチリ集めて吸収しておくことで、短い期間・少ない学習量で合格を狙うのも、不可能なことではないでしょう。
現実行政書士試験は、スゴク高難易度でございます。合格率の平均は、10%ちょっとです。けれども、一回に絞った試験でチャレンジせず、長いスパンで合格しようとするのであれば、言うほど実現できないことではないです。
巷で人気のユーキャンの行政書士資格の通信講座につきましては、毎年約20000名が受けており、少しも知識が無いような素人だとしても、一歩一歩資格取得実現までのプロセスを学び取ることができる、信頼の置ける通信講座なのでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|すべて独学でこな... | トップ | 行政書士|会計と税務の個別... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL