13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|個別論点問題に取り組み出したら…。

2017-08-10 16:50:05 | 日記

国家資格専門学校の行政書士用の講座を受講したいと思うのですが、近辺にスクール無し、仕事に追われている、家事等で通学する時間を持つことができないなんて方を対象に、各学校では、空いた時間に勉強できる通信講座を開いています。
基本行政書士は、全て独学で行っても合格することが可能である資格のうちの一つです。目下、会社勤めの人が積極的に努力する資格としましては将来性がありますが、裏腹でめちゃくちゃ高い難易度となっています。
行政書士対象の通信講座として、一際お勧めの資格取得ツールは、法律系資格取得を支援しているLEC であります。活用するテキストセットについては、行政書士資格取得の勉強中の受験者たちの間で、最も実用性優れたテキストブックとして一定の評価がございます。
今は行政書士試験の対策を掲載した、HPや、現役の先輩行政書士が、受験者を対象にして勉強のポイント等をアドバイスするメルマガ等を提供しており、情報集め・読解力&モチベーションを向上・持続するためにも活用できるものだと思われます。
税法の消費税法は、行政書士試験の主な科目の中におきましては、過度に難易度は高度ではないもので、簿記についての基本的な知識をマスターしておいたら、割かし困難とせず、合格点数を獲得することが可能といえます。

実際行政書士試験に関しては、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の制限は設けられておりませんから、どんな方でも資格取得を狙うことが出来るようになっております。そのため法律に関係する知識ゼロの未経験者であっても、十分な受験対応法をこなすことによって、合格が狙えるといっても過言ではありません。
最初からずっと独学で進めているけど、日々のスケジュール調整であったり勉強の方法についてなどに、懸念するというケースでしたら、行政書士試験用の通信講座で勉強するというのも、一つのスタイルかと思います。
現実従前に法律の事柄に触れたことが全然ないのに、短期の学習期間にて行政書士試験に合格できる先達も存在します。彼らのほとんどに共通している要素は、例外なく自分にフィットした「質の高い勉強法」を選定することができたことです。
実際毎年、2万〜3万人前後が受験に臨み、多くとも900人のみしか、合格を実現することができません。その1点に着目しましても、行政書士試験難易度が超高いというのがわかるといえます。
実際に合格率のパーセンテージは、行政書士試験の難易度のレベルをチェックする目安のひとつになりますが、このところ、この比率が大分ダウンしており、多くの受験生達の関心が高まっております。

個別論点問題に取り組み出したら、関係性がある例題に可能ならば何度も挑んで、問題ないようにも慣れておくような勉強法を実践するのも、行政書士試験での簿記論試験対策においては特に有効であります。
一般的に科目合格制の、行政書士試験に関しましては、一回に、5種の分野の科目を受験することは強制されておらず、それぞれの科目ごと1件ずつ受けても良いということになっております。合格科目に関しましては、行政書士資格を獲得できるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。
簡単に言いますならば合格最低点の「足切り点」という仕組みが、行政書士試験には存在します。分かりやすくいうと、「規準点に足りていないなら、不合格の判定になります」との数値があらかじめあるのです。
実際に合格率が10%以下と、行政書士試験は非常にハードな難易度の難関試験であります。だけど、あまり恐れなくても良いです。地道に努力を積み重ね続けることにより、どんな人でも確実に合格を目指すことができます!
根本的に行政書士試験の特有性に関しましては、指標に基づき評価を行う試験体制で、合格者の定員数を前もって設定していないので、結局のところ当日の問題の難易度の程度が、明らかに合格率に表れてきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|一般的に平均の合... | トップ | 行政書士|的外れな勉強法で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL