13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|一般的に良質な演習問題にてよく理解し基盤を固めてから…。

2017-06-14 04:10:02 | 日記

現実「通信教育のユーキャン」の行政書士資格の通信講座につきましては、毎年ざっと2万人ぐらいが受けており、あまり学識が無い人の場合であれど、しっかり資格取得できる能力を一からマスターすることが可能である、頼りになる通信講座です。
一口に言っていわゆる「足切り点」という気になる制度が、行政書士試験には設定されています。要するに、「必要な点数に届いていないと、不合格判定になります」という基準の点数があらかじめあるのです。
実際講師たちにその場で見てもらえる通学するメリット面に関しましては、良いと思うのですが、いつも高いモチベーションさえ持ち続けることが出来るなら、行政書士通信教育での勉強で、満足のいく実力を養っていくことが可能といえるでしょう。
身近な地域の法律家として、社会に貢献できる行政書士の受験をする上で、資格(大卒であるかないか等)は必要有りません。どなたでもトライできますので、通信教育内でも、歳や性別関係なく誰からも関心が向けられている資格の一つです。
全部独学だけに限定して勉学に励むほどの、十分な自信は持っておりませんが、ご自分の調子に合わせながら勉強を取り組みたいとした方であれば、行政書士資格取得の通信講座を選択した方が、条件に適う勉強法といえます。

ここ数年、行政書士試験の合格率のパーセンテージは、ざっと2〜3%ほど。長期間の受験勉強時間との双方のバランス加減を一考すると、行政書士資格取得試験がいかに難易度が厳しいか頭に思い描けるはず。
金融取引等のことが含まれる法人税法については、経営を行っていくにあたって、必須のベースの知識でございます。だが、内容のボリュームが相当あるんで、行政書士試験の教科の中にて最大の壁といった様に周知されています。
一般的に良質な演習問題にてよく理解し基盤を固めてから、実践に基づく応用の問題へとスキルアップしていく、古典的な勉強法を採用するのが、行政書士試験を受ける上での簿記論マスターに関しては、効果が高いようでございます。
基本行政書士試験におきましては、それぞれの科目で120分しか試験の時間が与えられていないです。そういった中にて、合格水準の点を獲得しないといけないため、無論問題回答の早さは必須です。
事実授業料30数万円〜、さらに時には50万を超える額の、行政書士資格の通信講座も珍しくないものです。そうして受講期間についても、1年程度〜の長い期間のカリキュラムとなっているケースが、多くあります。

実際司法試験と近い勉強法でありますと、初心者の行政書士試験オンリーの受験生に比べ、学習量が膨大なものになりがちです。また望むような結果には至らず、コストと効果のバランスが悪いです。
資格取得講座が学べるスクール及び詳細内容等も種々ございます。ここでは、いろんな行政書士専門講座の中から、会社勤めしている方であろうと自分のペースで学ぶことが可能な、通信講座を持っている予備校を比較検討しました。
実を言えば、行政書士の試験を受ける場合は、一から独学で合格をしようとする受験者がかなり少ないということもありまして、実情別の資格取得試験に比べたら、市販のテキストブックもろくに、ございません。
平成18年(2006年)度から、行政書士試験システムに関しては、新しく改正がなされました。一般科目よりも法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、択一式の試験問題や、40字記述式の問題というような今までなかった流れの問題も登場しています。
この先行政書士資格をゲットする為に試験学習を開始する方たちにとっては、「行政書士試験は、いかほどの勉強時間を保持したら合格できるのか?」というようなことが、チェックしておきたい点だと推察します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|学習にかけられる... | トップ | 行政書士|これから資格スク... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL