13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|輪にかけて難しいというように知られている行政書士試験の難易度は…。

2017-06-16 10:30:05 | 日記

世間一般的に行政書士については、法律上の資格試験の難関でありながら、若者から中年まで広い層に注目されており、そして合格・資格取得後には、すぐさま自分の営業所をつくり、営業をスタートすることも選べる法律系認定試験といわれています。
輪にかけて難しいというように知られている行政書士試験の難易度は、めちゃくちゃ高度なもので、合格率の割合もほんの3%前後と、日本国内の国家資格の中でも、最高ランクの超難関試験といえます。
実際にDVDであったり、教科書を見る勉強アプローチに、多少不安な気持ちがありますけれども、過去に通信講座オンリーで、行政書士国家資格を獲得した人も沢山いますし、よって1人独学で頑張るよりは、マシではないかと思うのです。
このWEBサイト上では、行政書士用の通信講座(通信教育)を、確実に選定することができるように、公平に判断が行える有益な材料をお届けいたします。それより後は己自身でオンリーワンをチョイスしましょう。
事実、行政書士の資格取得をしようとする折は、一から独学で合格への道を目指すという人が多く存在していないことも関係して、別の資格試験と比較して、市販のテキストの数もさほど、揃っておりません。

先々本格的に勉強をやり始める受験者においては、「行政書士試験では、どれぐらいの勉強時間をとったならば合格が叶うの?」といったことは、やはり把握しておきたいかと思います。
必須分野の5科目に合格するまで、長期間かかる行政書士資格取得の受験では、学習を続けることができる十分な環境条件が、肝要で、通信教育コースを選択する際は、大いにそういった部分が言えます。
税務の個別論点に取り掛かりましたら、関係性がある例題になるだけ何回もチャレンジし、問題に慣れる対策をとっておくといったスタイルの勉強法を組み入れるのも、行政書士試験の簿記論教科の対策に向けては非常に有効的です。
実際に試験の演習問題でよく理解し基礎を築いた後、実用的な応用問題へとチェンジする、基本の勉強法を取り入れるのが、行政書士試験の中の簿記論科目に関しましては、かなり効果的みたいです。
実際に全資格試験科目の平均での合格率は、10〜12%程度となっていて、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が高めであるように思ってしまいますが、それにつきましては各々の科目の独立の合格率とされ、行政書士試験トータルでの合格率ではございません。

通学式の講座と通信式での通信講座を並行して受講可能な、「資格の大原」のスクールにおいては、ハイクオリティのテキスト一式と、ベテランの講師たちにより、昔からずっと行政書士合格者数の50%以上を世に送る信頼と実績があります。
一般的に行政書士の合格率の数値は、とても低くて、大体1.75%という結果が出ています。近ごろでは、国内にて法科大学院というのが設けられ、そちらの教育課程を卒業することによって、新司法試験を受験することができる資格が得られるようになっています。
例年、2、3万人辺りの受験者が挑戦し、約600名から900名少々しか、合格することができません。この部分をとり上げましても、行政書士試験突破の難易度が厳しいことが判別できるといえます。
行政書士試験を受験する場合には、実質的には筆記で解答する問題しかこなさなくてよいと、考えていいです。と言うのも、直接の口述試験は、90パーセント以上の割合で不合格になることのない試験の中身だからです。
数ある行政書士の通信講座の中でも、一際イチ押ししたいのは、高い合格実績を誇るLEC です。扱うオリジナルテキストにつきましては、行政書士を目指している受験生間で、使いやすさ&網羅性NO.1の教科書として高評価が集まっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|正しくない勉強法... | トップ | 行政書士|実際送られてきた... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL