13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|テレビCMなどでも流れているユーキャンの行政書士資格講座は…。

2017-06-20 16:40:04 | 日記

例年、行政書士試験に合格した人の合格率は、約2〜3%辺りとされます。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間とのバランスにて考えたら、行政書士資格試験がいかに高い難度であるか見てとれるかと存じます。
最初から独学のみで勉学するほどの、精神力はございませんが、己の進度で勉強したいという受験生には、どちらかと言いますと行政書士の通信講座を選択した方が、ベターなスタイルの勉強法と思われます。
中でも9月初旬から、来期の行政書士試験に照準を合わせて準備をスタートするという方たちも、多いでしょう。1年程度長期にわたる試験勉強では、あなた自身にマッチする勉強法を探し出すアイデア も欠かせません。
テレビCMなどでも流れているユーキャンの行政書士資格講座は、毎年大体2万人以上に利用されており、そんなに知識がないという初心者だとしましても、コツコツ粘り強く試験の攻略法を基本から習得可能な、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。
平成18年度に入ってから、行政書士試験システムに関しては、多数手直しがされました。それまでよりも法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、多肢択一式の問題をはじめ、記述式の試験問題のような新しい傾向の試験問題も出されています。

毎回合格率がたった3%の険しい道の、行政書士試験において合格を獲得するには、完全独学の受験勉強だけですと、ハードな事例が多くあり、専門スクールに行くか、自宅で通信教育を受講して勉学に励むのが通常であるといえるでしょう。
わずかな時間を有効に活用し、勉学に励めますので、毎日の仕事あるいは家事などと諸々両立して行政書士資格をとろうといった考えを持っている人においては、通信での教育(通信講座)を受けることは、とても有効でございます。
法律の消費税法につきましては、行政書士試験の受験科目の中では、他よりもさほど難易度レベルは難しくなっておらず、簿記の基礎の学識をキチンと把握していれば、割と容易く、合格を勝ち取ることが可能でしょう。
行政書士試験の学習を行っている際は、集中力が長く続かなかったり、常時前向きなモチベーションを維持することがしんどかったりとマイナス面も経験しましたが、結果的には通信講座をセレクトして、資格をとることが出来たと心底思います。
一般的に通信で講座が学べる資格スクールも手段につきましても多種揃います。それにより、複数の行政書士を対象にしている講座内で、あまり勉強する時間が持てないとした多忙な方でも勉強が行える、通信講座を開いている学校をいくつか比較してみました。

色々利点がある、行政書士の予備校通学での効果が期待できる勉強法ですが、現実的に数十万円を超える相当な投資額が必要ですので、どなたでも受講することが出来るわけじゃないというのが本音です。
ずっと前より、法律知識ゼロの次元からやり始めて、行政書士試験合格に確保すべき勉強への取り組み時間は、「3000時間前後」と言われております。事実、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
今日び合格率1割に届かないと、行政書士試験は他の国家資格と比較して難易度が高度な試験とされております。ですけど、不必要に恐れる必要はございませんよ。一生懸命頑張れば、どなたでも着実に合格をゲットすることはできるのです。
試験システムの見直しと同時に、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる偶然性のギャンブル的ポイントが排除され、実際に器量があるか否かが判別される登竜門的な試験へと、行政書士試験の中身は新たに更改したのであります。
前もって法律の事柄に触れたことが全然ないのに、比較的短いスパンにて行政書士試験に晴れて合格される人もおります。彼らの多くに見受けられる共通部分は、誰もが自分に最適な「実践的な勉強法」に出会うことができたことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|実際合格の結果が... | トップ | 行政書士|今から8年前の平成... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL