13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|法律で平成18年より…。

2017-06-13 14:30:02 | 日記

今日びの行政書士試験に関しましては、事実上筆記による試験だけしか存在していないというように、認識して構いません。そのワケは、もう一つの口述試験は、よほどでないと決して落ちることのない簡単な試験だからです。
法律で平成18年より、国家試験の行政書士試験は、広範囲にわたり修正がされました。憲法・民法などの法令科目が、主要となり、多肢択一の問題であったり、40字記述式の問題というような思考&記述力が試される新たな問題等も見られるようになっています。
実際に行政書士試験は、メチャクチャ難関であると言われております、日本の国家資格の1つ。ここでは、目当てとする行政書士試験に合格するための有益な勉強法などを、受験経験者自身の合格に至るまでの体験談をベースとして紹介いたします。
勿論、行政書士試験に挑戦する場合には、生半可な姿勢ではいい結果が出ない、困難な試験だというように強く思います。空いた時間を上手に使用し試験勉強を継続した努力家だけが、合格に近付ける試験なのでございます。
法律を専門に勉強しておらずとも、これまでに一度も実務経験がなくとも行政書士の資格はとれますがしかしながら一から独学である場合は、めちゃくちゃ勉強しなければいけないことも絶対に大事。己自身も最初から最後まで独学を貫き合格できたので、身にしみています。

通信講座のケースですと、行政書士であっても行政書士にしましても、どちらも自宅まで学習書などを送って頂けるため、あなたのペースで、勉強を行うことが可能になっております。
このところの行政書士の試験は、全体の合格率が6%あたりという風に言われていて、デスクワーク・事務系資格では、高難易の資格に入ります。だけど、全ての試験問題の中6割正しい解答が出来れば、合格確実です。
学習にかけられる時間が連日存分にあるという人でしたら、普遍的な勉強法をやり続けることにより、行政書士試験合格が狙えますが、常日頃会社など多忙な人に対しましては、現実に沿った取り組み方ではございません。
実際初めから法律に関しての経験などないのにも関わらずに、短期集中で行政書士試験に合格することができる猛者もおります。彼らの大部分に見受けられる共通部分は、みんな自分にマッチした「能率的な勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。
この先資格をとろうと受験学習に取り掛かるという人にとっては、「行政書士試験においては、どれぐらいの勉強時間を保ったら合格が叶うの?」といった情報は、大いに気になる所だと思われます。

日中普通に働きながら、行政書士になることを夢みている人も沢山存在すると思われますので、本人の実行できることを一日一日コツコツと積み上げやっていくということが、行政書士試験の合格を実現できる早道となるのかもしれません。
こちらのサイトは、現役で活躍中のベテラン行政書士が、行政書士試験の効率いい勉強法を助言し、また様々な行政書士資格専門の通信講座の受験生の間でのランキング、利用の感想などを調べ、まとめたホームページです。
数ある行政書士の通信講座の中でも、一等推奨したいのは、合格実績が高いLEC です。用いる指導書におきましては、行政書士の資格をとろうと志している受験生の中で、ナンバーワンにGOODな専門テキストとして高く評価されております。
中でも9月初旬から、次に迎えます年の行政書士試験向けに準備をやり出すような人たちも、沢山おられるのではないでしょうか。1年前後に及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、あなた自身にマッチする勉強法を探し出すオリジナリティも必須といえます。
結論から言いますと、実際に独学にて実施しても、正しく、行政書士全般に関しましてマスターできるなら、合格を目指すことは可能です。さりとて、それには相当、長い時間をかけることが要されます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|行政書士試験に関... | トップ | 行政書士|学習にかけられる... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL