13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|予備校の行政書士を対象としている講座を受けて勉強したいのですけれども…。

2017-07-23 15:00:02 | 日記

毎年総じて、行政書士試験の合格率の割合は、2〜3%前後とされております。必要なトータル勉強時間とのお互いの兼ね合いに目を留めると、行政書士の国家資格取得試験がどれほど難関となってるか推測していただけると思います。
平たく言うと合格するには「足切り点」とした仕組みが、行政書士試験には存在しております。つまるところ、「必須点数に到達していないと、通過できずに不合格となりますよ」といった点数というものが定められているんです。
現実、行政書士資格につきましては、専門学校に行かないで独学で合格しようとするとした人たちがあまりいないということもあり、別の法律系資格試験より、市販のテキストの種類もさほど、本屋さんに売っていません。
毎回全試験科目の合格率の平均数値は、およそ10〜12%くらいで、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が高めに感じがちですけれど、それにつきましては各々の科目の独立の合格率とされ、行政書士試験トータルでの合格率ではないですから、ご注意を。
根本的に科目合格制がとり入れられているが故に、行政書士試験は、会社勤めしている人等も受験に挑戦しやすいのだけど、その一方受験勉強の期間が長引いてしまうことが一般的です。ぜひ過去の諸先輩方たちの質の高い勉強法をお手本にすることをお勧めします。

そもそも行政書士試験とは、生半可なものじゃないです。合格率の平均は、概ね10%であります。しかしながら、一度の試験ではなしに、何年間かかけて合格を狙うのであれば、言うほどヘビーなことではないといえます。
行政書士試験については、レベルが高い国家試験と挙げられておりますので、経験豊富な教師陣が揃った予備校に通学した方が、ベターです。だけど、独学で行っても個人により、かなり効率アップが望めるなどのケースもあるわけです。
今日この頃は行政書士試験対策用の、ネットサイトですとか、知識・経験豊富な行政書士が、受験生向けに勉強のコツなどを教えてくれるメルマガ等を発刊していまして、情報を集める力+日々のモチベーションをキープするためにも役立つものではないかと思います。
常に何でも「法律を基軸とした物の捉え方が出来る人」であるかそうでないのかということを判別するような、大分難易度高の国家試験に変わってきていますのが、ここ最近の行政書士試験の実際の様子ではないでしょうか。
実際に行政書士試験におきましては、歳ですとか性別・学歴・職歴などという条件は取り決められておりませんので、老若男女試験を受けることができるようになっています。これまで法律についての知識・情報がゼロの初心者であろうと、確実な受験対策で臨めば、合格可能でございます。

ほとんど独学でやるもの良いけど、日々のスケジュール調整であったり勉強法等に、気がかりに感じるなどの折には、行政書士試験を受ける人を対象とする通信講座(通信教育)を受講するのも、ひとつの手段かと思います。
受験当日まで学習時間が日頃多くある方ならば、一般的な勉強法でやれば、行政書士試験で合格を目論むことも可能ですが、毎日何やかやと予定が一杯な方には、現実に合った手段ではありません。
法人税法につきましては、事業を展開する際に、絶対に覚えておかなければならない基礎的な知識となっております。だが、覚えなければならないことが膨大であるため、しばしば行政書士試験のナンバーワンに厳しい関所であると言い表されています。
予備校の行政書士を対象としている講座を受けて勉強したいのですけれども、近場に予備校がどこにもない、仕事が多忙、スケジュールがつまっており学校に通う時間などないという方たちに対して、個々の学校では、自宅にいながら勉強できる通信講座を導入しております。
合格率の数字が3%強の険しい道の、行政書士試験におきまして合格を勝ち取るためには、一から独学での受験勉強だけですと、簡単にはいかない事柄が色々あり、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて受験勉強に取り組むのが大半でしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|現実…。 | トップ | 行政書士|合格率3%くらい... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL