13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|正しくない勉強法で取り掛かり…。

2017-06-16 05:20:02 | 日記

押しなべて、行政書士試験に完全に独学で合格を得るのは、簡単にできることではないということを理解しておこう。例年の合格率が1割以上ないデータによっても、明らかにイメージできる事柄です。
簡潔に言うとオール独学でも、キッチリ満遍なく、行政書士全般に関しまして認識できるものならば、合格を目指すことは可能です。さりとて、それを現実にするには大変、長時間学習するということが求められます。
本来合格率といいますと、行政書士国家資格試験の難易度の現状を把握できる顕著なモノサシの一つなのですが、ここ何年かは、この数値が誰の目から見ても確実にダウンしており、大勢の受験生達に大きな関心をもたれています。
色々存在している行政書士の通信講座のうちでも、第一にイチオシなのは、LEC(レック)のコースです。用いるテキスト書に関しては、行政書士になろうと頑張っている受験生の中で、大変人気の教材として高評価が集まっています。
以前は合格率1割以上あった行政書士試験だったけれど、現在、マイナスになり一桁台の数字となって定着しています。合格率が一桁ならば、高い難易度とされる国家資格の内のひとつとして、認知されるのです。

各々の教科の合格率のパーセンテージは、ザッと10%くらいと、各々の教科もそろって難易度高の行政書士試験は、科目合格制度が採られているから、勤務しながら合格できる、資格なのです。
近年、行政書士試験の現実的な合格率については、ほぼ2〜3%強といわれています。長期間の受験勉強時間とのバランスに着目しますと、行政書士試験がいかに難関となってるか想像出来るでしょう。
行政書士の役目をする街の法専家としまして、盛んな活動が望まれます行政書士については、社会的身分の高いといわれている資格であります。それに伴い、試験の難易度に関しましても著しくハイレベルです。
世間一般で難関と口々に伝えられている行政書士試験の難易度というのは、まことに高度で、合格率のパーセンテージも多くとも3パーセントと、国内の国家資格の中でも、上位のまさしく難関試験でございます。
いろんなメリットがある、行政書士学校通学における効率イイ勉強法ですけれども、十万単位の相当な料金が要されますから、受験する人が全員通学できるものじゃありません。

税務上の個別論点の範囲に取り組み出したら、関係する試験の演習問題に可能な限り何度も挑んで、とにかく問題に手慣れておくといったスタイルの勉強法を新しく取り入れることも、行政書士試験においての簿記論対策につきましてはスゴク効果が高くなります。
本当に行政書士試験については、全力を注がないようだと望む結果が得られない、難しい試験だと心底思います。言ってしまえば確保できる大事な時間を効率良く&集中して使用して受験勉強を継続した努力家だけが、合格に近付ける試験なのでございます。
正しくない勉強法で取り掛かり、回り道をいくというのはめちゃくちゃもったいないことであります。如何にしても、あなたに合った学習法で短い期間で合格実現を果たし、行政書士資格を取得しましょう。
資格取得が難しい試験といわれる行政書士試験を受験する際には、中途半端な努力では合格は無理。なおかつ独学にて合格を目指そうとするなら、本気で取り組まなければいけません。ほんの僅かであれどサポートすることができるホームページとして使ってもらえたならありがたいです。
現実的に毎年、2万〜3万人前後の人が受験し、約600名から900名くらいのみしか、合格することができません。この点に注目しても、行政書士試験の難易度レベルが高度であることがわかるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|現実難易度が高度... | トップ | 行政書士|輪にかけて難しい... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL