13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするためのノウハウのあれこれブログ

下積み5年、独立8年、合計13年の経験を持つ弁護士が独立開業勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

行政書士|丸々独学でこなしてはいても…。

2017-07-13 18:40:02 | 日記

実際に専門的特性の法律関係の内容で、難易度がかなり厳しいものですが、基本的に行政書士試験につきましては、受験者のニーズに合った科目別合格制度が実施されているので、一つの教科毎に5年にわたり合格するスタイルでも、オッケーとされている試験となっています。
国家資格取得をするための講座が受けられるスクールもカリキュラム内容についても色んなものがあります。その事から、とても多くの行政書士講座の中より、お仕事をされている方でしても学業に励むことができる、通信講座を行っているスクールの比較を行いました。
全部の教科の標準の合格率については、10〜12%ほどで推移し、他の難関国家資格よりも、高い合格率に感じがちですけれど、それは科目毎の合格率の数値で、行政書士試験丸ごとの合格率ではございませんから、忘れないようにしましょう。
実際に行政書士資格取得試験の合格率の数字は、低く1〜2%前後と知られております。近ごろ、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院が建てられ、この学部を修了することで、新司法試験を受験する資格が手にできます。
実際9月時期から、来期の行政書士試験に照準を合わせて用意し出す受験者も、多数いるはずです。丸1年近く長く続く受験学習では、自分に最も合う勉強法を把握することも必須でございます。

状況が許せばリスク回避、安心できるように、用心するに越したことはないといった考えで、行政書士試験を受験する際、専門予備校に通った方が良いといえますけれど、独学で貫くことをセレクトする考え方も構わないと思います。
行政書士試験に関しては、超難関国家資格取得試験でありますため、合格率が高い専門のスクールに入った方が、ベターです。しかしながら、たった一人で独学で進めても、そのやり方がマッチしているならOKであるケースもあったりします。
実際に司法試験と似た勉強法でありますと、0からはじめる行政書士試験オンリーの受験生に比べ、勉強を行う総量が膨大なものになりがちです。また期待した結果は生まれず、費用対効果が望めません。
実際行政書士試験は、リアルに合格率が6%位と周知されておりますので、事務系の公的資格としましては、受かりづらい資格の一つと考えられます。とは言っても、全ての問題の内6割正解したら、合格できるのです。
実際行政書士試験をオール独学で貫くというのは、著しく壁が高いものですけれども、独学にて挑みたいと思っている受験者は、一番に会計に属する科目をマスターすることから取り組むのがおすすめです。

会社に属しながら勉強を両立して、ついに3回目のトライで行政書士の合格を勝ち取った、わたくし自らの体験過程を思い出しても、昨今の難易度レベルは、とても上がりつつあると思います。
リミットがある時間をフル活用し、勉学に励めますので、お勤めや家の用事などと両立しての行政書士資格をとろうと考えている受験者にとっては、通信講座を受講するというのは、ひときわ都合良いものであります。
基本科目合格制度がある、行政書士試験に関しては、1回の試験で、5種類の科目を受ける必要など無くって、時期を分けて一つの科目ごとに受けても良しとされています。1度合格点をクリアした科目は、この後も行政書士となるまで合格は取り消されません。
基本通信教育は、教材の精度が命といえます。ここ最近はDVD・オンライン配信等の動画学習系も豊富にございますけれども、個々の行政書士のスクールごとにより、教育内容はかなり異なります。
丸々独学でこなしてはいても、勉強時間の管理や勉強の方法についてなどに、懸念するなどの折には、行政書士試験に的を絞った通信講座(通信教育)を受講するのも、1つの進め方だといえるのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|いかような予想問... | トップ | 行政書士|行政書士資格を取... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL