13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|現に…。

2017-08-09 20:10:09 | 日記

従前に日商簿記2級や1級レベルを独学スタイルで、合格することが出来た方であるなら、司法書士試験におきまして簿記論、財務諸表論のこの2分野に関しては、ある程度慣れているから独学で合格を叶えるのも、ありえないというわけではないかも。
現実的に司法書士試験というのは、1つの教科毎でたった120分しか受験する時間がありません。受験者はその中で、それ相応の合格点を出さなければならない為、当たり前ですが処理能力は求められます。
毎年毎年、2〜3万近くが受験を行い、その中の600人〜最高900人前後少々しか、合格を獲得できません。その一面を見るだけでも、司法書士試験難易度が超高いというのが想像することが出来るでしょう。
要領の悪い勉強法で挑んで、ハードな道に行ってしまうのは非常にもったいないことです。絶対に1番GOODな進め方で短期間で合格を勝ち取り、司法書士資格を取得しましょう。
事実、司法書士試験は、高難易度の法律系国家試験ですから、信頼できる専門学校に行って勉強した方が、いいかもしれません。しかし、全部独学でしてもそれぞれの人によって、かなり効率アップが望めるようなこともしばしば見られます。

一般的に司法書士試験は、年齢・性別や過去の学歴などの条件は不問ですので、いくつでも誰でも資格試験を受けることが可能です。そのため法律に関係する知識を何にも持っていないという方であっても、確実な試験対策をして挑めば、合格できるはず!
現に、司法書士資格取得を志すケースでは、予備校に通学せずに独学で合格をしようとする受験者が僅かということも関係し、現状他の法律系国家試験と見比べて、市販のテキストの数もあんまり、出版されていません。
司法書士に関しては、もしも誰にも頼らず独学であろうと合格を可能とすることができる資格であります。殊に今日び、サラリーマンをやっている方が奮起して臨む資格としては現実味がありますが、それとともにかなり難易度も高いレベルを誇っています。
実際とても難しいとして周知されている司法書士試験の難易度の程度は、とっても高めのものになっており、合格率のパーセンテージも約2〜3パーセントと、国内の国家資格の中でも、指折りのまさに難関試験とされています。
司法書士試験に関しましては、年も性別ともに受験の資格なんか無く、過去を遡った学歴なんかは制限がありません。なので、それまでに、法律関係の勉強をしたことがなくっても、名高い学校を卒業しておらずとも、司法書士の資格は取得できます。

科目合格制が設けられております、司法書士試験におきましては、1度のうち、5種の分野の科目を受験する必要性はなくって、時期を分けて一つの科目ごとに受験してもOK。1度合格できた科目は、この後も司法書士となるまで合格として認められます。
簿記論科目においては、把握しないといけない内容量はいっぱいですけど、ほとんど計算問題のパターンでつくられているので、司法書士になるには他の法律系国家資格よりも独学で立ち向かっても、身に付けやすいカテゴリーの試験科目といわれております。
実際に試験の演習問題でよく理解し土台をつくってから、試験対策の全体問題演習へと切り替える、古典的な勉強法を実行するのが、司法書士試験の中の簿記論の教科については、実効性があるようです。
現実的に司法書士の業務に関わる頼れる街の法律家として、盛んな活動が望まれます司法書士の肩書きは、社会階級の高い資格に挙げられます。その分、同時に試験の難易度の状況もメチャクチャ厳しいものであります。
無論、司法書士試験の内容というものは、不十分な努力ですと合格への道が遠くなる、難易度の高い資格試験だと考えております。言ってしまうならば費やせる限りの時間をなるべく合理的に使用して受験勉強した受験者が、最終的に合格する試験であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|一言でいいますな... | トップ | 司法書士|現実的に司法書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL