13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|世間的に司法書士の資格取得は…。

2017-07-12 14:00:05 | 日記

通信講座(通信教育)については、教材のクオリティが合否を分けるものです。今日びはDVDだったりオンライン動画配信などの授業を録画した映像教材なんかも様々に取り揃っておりますが、それぞれの司法書士の資格取得スクールによって、教育内容は大きく異なっています。
学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方を並行して受講できるカリキュラムを設けている、専門スクール「資格の大原」に関しては、優良な教材各種と、経験豊かな教師陣にて、長年司法書士合格者の2分の1を輩出するという業界トップクラスの実績を誇ります。
世間的に司法書士の資格取得は、高難易度の法律資格試験の関門として、幅広い年齢層に人気が高まっていますが、なお合格・資格取得後には、個人事業で会社を立上げて、フリーで開業することもOKな法律系国家資格試験となっております。
こちらのサイトは、第一線で活躍しているベテランの司法書士が、司法書士試験のベストな勉強法のコツを紹介し、また様々な司法書士資格専門の通信講座の受験者たちの間での意見、リアルな意見などの情報をコレクトし、解説を載せている専門サイトであります。
今諸君が、国家資格の司法書士の実際の合格体験記やらを、いっぱいサーチして読んでいる理由というのは、ほぼ、どんな勉強法・進め方が自分にとって妥当なのか、迷いが生じているからでしょう。

実際先に会計事務所や司法書士事務所で働いて、実務経験を増やしながら、少しずつ勉強していこうといった人は、しいて言うなら通信講座が適当だと言えるのではないでしょうか。
実のところDVD授業だとか、テキストだけでの勉強スタイルに、ちょっぴり心配があるのですが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、司法書士資格をゲットした先駆者も大勢いますし、完全に独学するよりは、安心できるのではないかなと思っています。
実践で「法律学的に客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」なのかどうかを確認されているみたいな、スゴク難易度の上がった試験といわれているのが、今の司法書士試験の実際の様子といったように見えます。
法令系の国家資格であって、専門的特性の業務を担う、司法書士と司法書士でありますけれど、難易度については司法書士の方がより難しめで、加えてその業務の詳細につきましても、様々にめいめい相違しているのです。
実際に講座を学ぶことができる専門学校も学習方法ともども多様に取り揃っております。ここでは、いくつもの司法書士向けに開催されている講座の中から、仕事と両立している人であれど都合の良い時に勉強可能である、通信講座を持っている予備校を比較検討しました。

2006年より、国家試験の司法書士試験は、かなり改正がなされました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、重点を置かれるようになって、多肢選択方式の問題やまた、記述式の試験問題のような新タイプの問題といったものも多く出題されております。
実際、スクールに通学して教えてもらっている人らと、あまり相違が無い勉強を行うことが可能となっています。そのことを可能にするツールが、今となりましては司法書士試験対策の通信講座の主流といえる教材と言われておりますDVD教材です。
極力リスクマネジメント、堅実に、用心を重ねてという意味で、司法書士試験に挑むにあたって、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通った方がおススメではありますが、独学でやることを選択する考えもいいかと思われます。
街の法律屋さんとして、活躍可能な司法書士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は一切不問です。誰であろうと挑戦OKなので、沢山ある通信教育の中におきましても、老若男女問わず高人気の国家資格となります。
全般的に、司法書士試験に独学スタイルで合格することは、めちゃくちゃ大変であるといった事実をあらかじめ確認しておくように。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%以上になることがみられない結果をみるだけでも、明白に知りえることでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|法律系資格の中で…。 | トップ | 司法書士|全て独学での司法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL