13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|基本的に司法書士試験は…。

2017-06-20 11:10:07 | 日記

数年前までは司法書士試験に関しては、割かしとりやすい資格というように言われていましたけれど、今日びすっごく門戸が狭くなってきており、かなり合格できないという資格になっております。
司法書士試験に関しましては、1科目に対しわずか2時間しか試験時間がないものです。決められたタイムリミット内で、それ相応の合格点を目指さなければいけないため、当然ながら問題回答の早さは必須です。
非常に難易度が高いとされる試験に関係無しに、各々数年かけて受験することも出来るので、それ故司法書士試験は、現在毎年5万人超を超える受験者が受ける、資格試験です。
高難度の税法の科目「理論暗記」を主として、司法書士試験の勉強法のコツ、なおかつ脳力開発、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましてもパーフェクトに掘り下げております!そのこと以外にも暗記テクニックでありましたり、勉強を行う時に、重宝するお役立ちツールを皆さんに提案していきます。
一般的に毎年、2〜3万人が受験に臨み、たった600〜900名位しか、合格を勝ち取ることが出来ません。この状況に着目しましても、司法書士試験難易度が超高いというのがみてとれます。

従来は合格率の割合が10%台に落ち着いていた司法書士試験でございましたが、なんと今や、マイナスになり一桁台の数字でおさまりつづけています。合格率一桁とした場合、難易度が厳しい国家資格の1業種として、考えてもいいでしょう。
勉強法が合っているかはそれぞれで独学にて実施しても、キチンと、司法書士の職務に関して理解することができましたならば、合格ゲットも実現可能です。でも、そうするためには結構、長いスパンを費やすことが要されます。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、総勉強時間のムダを思いますと、司法書士資格取得の受験に関しましては専門スクールの通信講座(通信教育)、それともまた通学しての講座受講を選ぶのが、より安心と言えるでしょう。
合格率のパーセンテージが7%前後と言われると、司法書士の国家資格試験は極めて難易度が高くみえますけれど、評価基準の6割を超える設問がバッチリ解けるようであれば、受験に合格することは絶対に大丈夫です。
基本的に司法書士試験は、ハイレベルな国家試験というように言われておりますので、最初から司法書士のための専門学校に通うようにする方が、ベターです。さりとて、何もかもすべて独学で貫こうと人により、非常に効果が期待できるケースもあったりします。

司法書士の国家試験制度の変更と同時に、それまでの運・不運による賭け事的要素が全部消え、事実上能力があるのかどうかといったことが大きく問われる高難度の試験へと、司法書士試験は改められたのです。
今、もしくは後々、司法書士にオール独学で挑む人達に向けた、ポータルウェブサイトとなっています。ここでは合格を得るための掴んでおきたいコツであったりまた、先輩司法書士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など毎日発信しています。
全て独学で司法書士試験にて合格を手に入れる場合には、本人自身が正確な勉強法を身につける必要がございます。ともあれそのために、特にいい手立ては、先達が実施していた勉強法と同じように行うことです。
出来る限り危険を避ける、リスクを冒さないで無難に、用心を重ねてといった考えで、司法書士試験に挑戦する折に、専門予備校に通った方が安全策ではありますけれど、例えば独学を選んでも問題ないかと思われます。
一言で言うと合格最低点の「足切り点」という仕組みが、司法書士試験においてはあります。つまるところ、「必須点数に足りていないなら、落ちますよ」といった点数というものがはじめに設定されているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|税金について定め... | トップ | 司法書士|実際に司法試験と... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL