13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|実際難易度がめちゃくちゃ高い資格試験になっておりますけど…。

2017-07-13 20:40:05 | 日記

税制の消費税法は、司法書士試験の主な科目の中におきましては、そんなには難易度は高度ではないもので、初歩的な簿記の知識からキチンと把握していれば、比較的結構難なく、合格ラインに達することが出来るといえます。
合格を実現することが出来なかった折の、トータル学習時間のリスキーな点を考えると、司法書士資格を取得する受験は専門スクールの通信講座(通信教育)、ないしは通学授業コースを選択する方が、間違いないものではないかと思います。
大抵、司法書士試験に全部独学で合格を勝ち取るのは、めちゃくちゃ大変であるといった現実を確認しておきましょう。それにつきましては合格率がずっと10%に届くことがない現状によりましても、誰の目にも明らかに想像できるはずであります。
合格率の数字が7%ほどと、司法書士試験についてはかなり難易度の高い試験とされております。そうは言っても、過度に気後れすることはないですよ。必死に頑張り続ければ、皆さん間違いナシに合格をゲットすることはできるのです。
実際難易度がめちゃくちゃ高い資格試験になっておりますけど、それぞれの科目ごとに別々に受験することも出来るので、そのため司法書士試験は、例年5万人強が受験に取り組む、狭き門の試験なのであります。

世間的に司法書士の資格取得は、国家資格認定試験のハードルとして、幅広い年齢層に人気があるわけですがその一方、合格となった後には、自ら司法書士事務所を持って、業務を行うというのも選べる法律系国家試験の一つです。
実際に現場において法人税法は、ビジネスを行うというケースにおいて、必要不可欠な重要な知識です。けれども、全体のボリューム量が多く存在するため、司法書士試験の受験科目の内で第一の関門などと言われているのです。
くらしをサポートする法律家として、活躍可能な司法書士の試験を受ける場合に、資格については何も定められていません。原則的に誰でありましてもチャレンジ可能なので、通信教育の講座内でも、男女関係無く幅広い層から支持を集める法律資格でございます。
私自身司法書士試験の勉強を進める中では、集中力が継続し辛かったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが苦しいというようなデメリットな部分も経験しましたが、全体的に見て通信講座を受けて、満足のいく結果が出たという結論が出ています。
司法書士試験の試験に於いては、1科目毎に2時間ずつしか受験時間が無いのです。決められたタイムリミット内で、合格レベルに達する点を確実にとらねばならないので、至極当然ですけれど要領の良さは求められます。

現実的に司法書士試験を独学スタイルで通すのは、物凄くレベルが高いものがありますけれども、そんなハンデがあってもやりたいと考えているような人たちは、ひとまず会計に属する科目をマスターすることから開始すると良いのではないかと思われます。
大多数の専門学校に関しましては、司法書士用の通信教育が設けられております。通信教育の中には、どこにでも持ち運べるUSBメモリなどを用いて、今の時代に合わせた通信教育を行っている、スクールもいくつか存在しています。
基本的に司法書士試験を独学で合格するのは、超困難ですけれど、学習法に工夫を加えたり、多くの情報をいろいろと確認することで、短時間にて合格を志すといったことも、可能といえるでしょう。
会社に属しながら真面目に勉強を行って、ようやっと3度の試験にて司法書士に合格することが実現した、わたくし自らの実経験を振り返ってみても、ここ数年の難易度については、とっても上がってきているとした印象を持っています。
司法書士を対象とする通信講座で、最もお奨め教材は、LEC(レック)のコースです。活用するテキストブックは、司法書士受験生間にて、最良の学習書として高評を得ています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|現実的に全必須科... | トップ | 司法書士|それぞれの科目毎... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL