13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|一言でいいますなら「足切り点」(足切り最低点)という特筆するべき制度が…。

2017-08-09 16:00:02 | 日記

一言でいいますなら「足切り点」(足切り最低点)という特筆するべき制度が、司法書士試験にはございます。つまりは、「必要な点数未満なら、不合格になる」なんていう数字がはじめに設定されているのです。
実際司法書士試験の大きな特有性に関しましては、指標に基づき評価を行う試験システムであり、合格者の上限数を前もって設定していないので、言ってしまえば試験問題の難易度の度合いが、直接合格率に関係することとなります。
一般的に簿記論は、内容のボリューム量は沢山ありますが、ほぼ全部計算問題が主要にて出されるため、司法書士資格取得は国家資格の中では、比較的独学で挑んでも、学びやすい試験科目内容とされています。
昔は合格率1割以上が普通だった司法書士試験でありましたけど、最近は、一桁の数値でおさまりつづけています。合格率が一桁でありますと、難易度が高度な法律系国家資格のひとつとして、認知されることになります。
今あなた達が、国家資格の司法書士の実際の合格体験記を、様々にサーチしてチェックを入れる理由とは、ほとんどが、どのような勉強法が己自身に適しているかということに、迷っているからでしょう。

毎年毎年、司法書士試験の事実上の合格率の数字は、ざっと2〜3%ほど。長いスパンに渡る試験勉強時間との両者のバランスの様子を考慮しますと、司法書士の資格取得試験がどれ程狭き門か察することができると思います。
ユーキャン主催の司法書士資格取得講座は、例年大よそ2万名に活用されておりまして、全然知識無しの未経験者でも、確実に資格を取得することが出来る効率的な勉強方法を基本から習得可能な、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。
1教科ごとの合格率の数値は、ほぼ1割強と、1教科1教科ともに高難易度の司法書士試験は、1回に全部合格する必要の無いので、お仕事しながら合格を勝ち取ることができる、資格となっております。
現実全科目での合格者の合格率の平均は、10〜12%程度となっていて、他のハイレベルな資格よりも、合格率が大分高いように感じがちですけれど、それにつきましては各々の科目の合格率の割合であり、司法書士試験全部の合格率というものではないです。
近ごろは司法書士試験の対策を掲載した、インターネットサイトや、長年の経験を持つプロフェッショナルの司法書士が、受験生に宛てて効率的な学習法を伝えるメルマガ等を発信中で、情報収集能力かつ学習意欲を長期間保ち続けていくためにも使えると思われます。

従前に日商簿記2級や1級レベルを最初から最後まで独学で取り組んで、合格をゲットされた受験生ならば、司法書士試験での試験科目の簿記論かつ財務諸表論の2つの科目のみは、同じく完全独学で合格を得るというのも、なしえないわけではないと思います。
元々司法書士試験は、生易しい試験ではございません。合格者の合格率は、僅か1割前後。けれども、一回に限った試験で挑むのではなく、数年間にわたり合格しようとするのであれば、それ程やってやれないことではありません。
資格専門スクールの司法書士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、近場に学校が存在していない、会社が忙しい、学校に足を運ぶ時間が全くないという方たちに対して、多くのスクールにおいては、空いた時間に勉強できる通信講座の提供を行っています。
基本科目合格制度がある、司法書士試験の資格の取得は、ひとたびで、5種類の科目を受けることは求められておらず、1つの科目ごとに受験しても良いシステムとなっています。先に合格をゲットした科目は、この先司法書士になるまで合格は取り消されません。
日本でも上位の難易度である司法書士試験については、11ジャンルの法律より多くの問題が出ますので、合格を狙うには、長いスパンでの勉強が必要でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|オール独学での司... | トップ | 司法書士|現に…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL