13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座のコースを同時進行で利用できる…。

2017-06-17 04:00:02 | 日記

現実的に大部分の人は、よく知られた会社であるし確かだろうなんていうような、無根拠のいい加減なきっかけで、、また口コミなどを確認しないで通信教育を選びがち。しかしながら、そういったことでは高難易度の司法書士に、合格出来るはずはないでしょう。
出来れば万が一に備える、堅実に、念には念を入れてという意味で、司法書士試験に臨むにあたり、専門予備校に通学した方が不安が減りますが、それは必ずしもではなく独学を1つの道に選んでも差し支えないです。
現実、学校に通っている人たちと、特段大きく異ならない勉強を行うことが可能となっています。この点を実現可能にするのが、今においては司法書士資格の通信講座の主流といえる教材となっております映像教材のDVDです。
直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座のコースを同時進行で利用できる、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、GOODな教科書と、かつまたプロフェッショナルの講師達の指導で、毎年司法書士合格者の全体の1/2以上の結果を出す素晴らしい実績を残しております。
普通司法書士試験を受験しようとする場合、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、経歴は制限がありません。なので、それまでに、法律関係の勉強を行ったことがない場合でも、立派な学校を出ていないという場合であろうと、司法書士の資格をとることはできます。

難しい税法科目の「理論暗記」をメインとし、司法書士試験の勉強法の工夫、加えて脳を鍛えるトレーニング方法、速聴法・速読法ということについても完全に追求!このこと以外にも効率イイ暗記法とか、勉強に取り組む上で、役に立つ押さえておくと良いポイントなどなどを多種多様にお教えします!
昔より、法律の知識ゼロよりスタートして、司法書士試験合格に最低限必要とされる受験勉強時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。調べてみても、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、平均的に3000時間となっております。
普通司法書士試験を独学で合格しようとするのは、非常にハードルが高いわけですが、勉強の取り組み方をアレンジするとか、大切な情報・データを収集することで、短い時間&少しの勉強量で合格への道を目指すことも、決してありえないことではないです。
日本の法人税法に関しては、事業を展開する際に、必要な基礎知識となっています。さりとて、中身のボリュームがとてもたくさんあるので、業界内におきましては司法書士試験の最難関等と表現されていたりしています。
開講実績30年以上を誇るユーキャンの司法書士コースについては、毎年毎年約2万人の方たちより受講の申込が集まり、丸っきり学識が無い人の場合であれど、地道に資格を取得することが出来る効率的な勉強方法を基礎から会得することが可能な、頼れる通信講座なのであります。

国家資格試験の司法書士試験の合格率の値は、約10%と、難易度レベルが高めと知られているにしては、国家資格の中でも合格率が高めであります。だけども、最初の一発で合格を叶えられるのは、極めて困難で望みが薄いと言われている様子です。
実際に司法書士試験は、レベルが高い法律系国家試験ですから、経験豊富な教師陣が揃った予備校に入学した方が、確実に無難かと思われます。だけど、独学で臨んだとしても人により、その方法が合っていれば合格への道が近いようなこともしばしば見られます。
現実的に司法書士試験は、難関であるというように周知されている、国家資格の中の1業種です。当サイトでは、目的の司法書士試験に必ずや合格するための効率的な勉強法・コツなどを、私の合格を得るまでの体験談をベースとして書き記します。
通信教育に関しては、教材の精度の高いOR低いが大きな影響を及ぼします。現在はDVDだとかネット経由の動画配信などの動画学習系も増えておりますけど、それぞれの司法書士の資格取得スクールによって、アプローチ内容は違いがあるものです。
果たしてどんな問題集を使って学ぶのかではなく、いずれの勉強法を取り入れ取り掛かるかという方が、明白に司法書士試験で合格を勝ち取るためには重要なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|それぞれの科目毎... | トップ | 司法書士|資格をとるのがと... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL