13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|実際に司法試験と似た勉強法である場合…。

2017-06-20 15:10:06 | 日記

現実的に司法書士試験を独学でやるのは、大変ハイレベルなことであるわけですが、それでも挑んでみたいと思っているという人は、最初に会計に属する科目をマスターすることから開始するべし。
大概の資格取得学校につきましては、司法書士を対象とする通信教育(通信講座)が設けられております。またその中には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、今の時代において最新の通信教育を受講することができる、資格スクールも多数でてきています。
他と比較してリーズナブルな受講料金や対策範囲の的を絞り、学習量・時間を少なく設定しているカリキュラム制度、高品質の指導書などが話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。司法書士の通信講座と言えばこの会社!といわれているぐらい、受験生内で評価が高いです。
一般的に司法書士試験は、1科目ごとでわずか2時間しか試験の時間が与えられていないです。その中にて、合格水準の点を出さなければならない為、やっぱりスピード&正確さは求められます。
司法書士の資格試験制度の改変と同時に、これまであった努力よりも運に関係する博打的な内容がカットされ、事実上腕前があるものかが品定めされる高難度の試験へと、司法書士試験はベースからチェンジしました。

個別論点問題をしはじめたら、関係性がある例題になるだけ取り組んで、問題ないようにも慣れておく万全を期した勉強法をプラスするのも、司法書士試験での簿記論試験対策においては特に有効であります。
通学講座及び通信講座の2種類のコースを同時進行で申込可能である、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、優良な教本セットと、プラス実力のある講師陣で、毎回司法書士合格者の半分以上の合格者を生み出す業界トップクラスの実績を誇ります。
基本司法書士は、学校や通信教育を受講しないで独学で挑んでも合格することができる法律系国家資格のひとつです。特に今、サラリーマンをやっている方が奮起して取り組む資格としては望みが高いですが、それとともにすこぶる難易度も高でございます。
今日の司法書士に関しては、かなり難易度が高い内容になっていて、通信教育の選択方法で、受かるか・落ちるかが決まります。されど、沢山の会社が存在しているから、一体どの会社に決めると最善であるのか、迷う方もおられるかと思われます。
法律系の大学を卒業していなくとも、並びに実務の経験ゼロであっても司法書士にはなれるわけですが、だからこそオール独学は、寝る間を惜しむくらいの勉強することも絶対に欠かせません。当方も独学スタイルで合格を得たので、ひしひしと思うわけです。

実際に司法試験と似た勉強法である場合、0からはじめる司法書士試験のみの専業受験生と比較して、勉強を行う総量が多くなりがちです。それに加えて見合う結果は得られず、コストと効果の関係がアンバランスです。
おそらく9月ぐらいより、この次の年度の司法書士試験に向かって下準備しはじめるといった人も、結構多いかと思われます。1年ぐらい続くとされる厳しい受験勉強では、ご自分に最適な勉強法を把握することも必須でございます。
効率の悪い勉強法を継続して、ハードな道に行ってしまうことほど、もったいないことはないでしょう。必ずやベストな手立てで短期スパンで合格を実現させて、憧れの司法書士になりましょう。
司法書士試験の受験勉強をする上では、なかなか集中力が続かないとか、モチベーション維持やコンディションを整えることが大変だったりとしたデメリットな部分も経験しましたが、最終的にはこの通信講座で、本当に良かったといったように考えております。
司法書士向けの通信講座にて、特にイチオシなのは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。使っている専門のテキストは、司法書士資格取得を目指す受験生の中で、1番使えるテキスト書だと定評を得ております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|基本的に司法書士... | トップ | 司法書士|簡潔に言うと独学... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL