13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|現に法科大学院を修了した方であったとしても…。

2017-07-12 03:00:02 | 日記

一般的に合格率の値は、司法書士国家試験の難易度が高いかどうかを表わす基準の1つでございますが、最近、この比率がありありと低くなりつつあり、受験生達から注目を集めております。
1教科ごとの合格率の数値は、大よそ10%ぐらいというように、各々の教科とも難易度が高度な司法書士試験は、科目合格制となっておりますため、就労しながら合格を目指せる、資格となっております。
一頃においては合格率10%以上の台をキープしていた司法書士試験も、なんと今や、10パーセント以下となって定着しています。当然合格率が一桁といえば、難易度が高度な国家資格の中の一つとして、認められます。
言うまでも無く、司法書士試験を受験するにあたっては、一生懸命にやらないといい結果が出ない、難しい試験だと心底思います。結局のところ勉強にあてることができる時間を有効に使用し試験勉強に努めたという方のみが、合格を手にすることができる実力本位の試験です。
いかようなテキストでマスターするのかというのではなく、いかなる勉強法を選んで進めるのかの方が、一層司法書士試験を通過するためには重要だと言えます

訓練問題によってより深く理解して基盤を固めてから、実践に基づく応用の問題へと変えていく、王道的な勉強法を取り入れるのが、司法書士試験においての簿記論に向けては、効果が見られるようであります。
実際司法書士試験の合格率のパーセンテージは、10%前後と、高難易度とされております割には、他の国家資格よりも高合格率となっています。だとしても、初回で合格を勝ち取るのは、ほぼ完全に0%だと言われている様子です。
現に法科大学院を修了した方であったとしても、不合格判定になることがありえるほどなので、キッチリした効率的な勉強法をよく考えて真面目に取り組まなければ、司法書士試験に合格をするのは手ごわいでしょう。
現在の司法書士に関しては、全体の合格率が6%あたりという統計が出ており、デスクワーク・事務系資格では、競争率の高い難関資格だと言えます。しかしながら、全ての試験問題の中6割以上正しく答えられたならば、合格することが出来ます。
科目合格制をとっている、司法書士試験につきましては、同時期に一斉に、5ジャンルの科目を受験することは必須ではなく、それぞれの科目ごとで受験を行ってもいいんです。合格を果たした科目につきましては、将来司法書士になることができるまで合格は取り消されません。

近年、司法書士試験に合格した人の合格率は、大体2〜3%程度でございます。必要なトータル勉強時間との双方のバランス加減を考慮しますと、司法書士の国家試験がどんなに狭き門か頭に思い描けるはず。
あらかじめ会計事務所ですとか司法書士事務所に入り、現場歴を積み重ねつつ、少しずつ学習を行うとの考えの人なら、通信講座の勉強法がおススメかと思います。
根本的に司法書士試験の特質につきましては、定められた基準を軸に評価する試験体制で、合格判定の合計人数を決めていないから、結局のところ当日の問題の難易度自体が、そのまんま直に合格率に深く影響します。
合格が叶わず不合格になった際の、総勉強量&時間のリスク度合いを思うと、司法書士資格を取得する受験はスクールの通信講座、その他にはスクールに通っての通学講座を選択すると言うのが、安全でしょう。
身近な地域の法律家として、法律の知恵をアドバイス&力になれる司法書士の受験において、必須資格や過去の学歴は関係ありません。基本受験したいと思えば誰もが皆さん挑戦OKなので、通信教育を提供している各会社でも、性別問わず幅広い年齢層より人気が集まっている資格といわれています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|わかりやすく言い... | トップ | 司法書士|一般的に司法書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL