13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|司法書士試験の合格率は…。

2017-07-06 19:30:05 | 日記

実際に難易度がスゴク高い試験となっていますが、1教科ずつ何年かにわたって受験可能であるんで、そのため司法書士試験は、例年5万人強が受験に臨む、狭き門の試験なのであります。
実際にDVDであったり、テキストを活用しての学習方法に、ちょっとばかり気がかりを感じているのですが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、司法書士の国家資格を得たという人達も数多く存在しておりますし、独学で進めるよりは、良いのではないかと思っております。
法人税の個別の検討論点に取り掛かり始めたならば、関係性がある例題にめいっぱいチャレンジして、キッチリ問題に慣れるようにするといったスタイルの勉強法を盛り込むのも、司法書士試験の簿記論の対応策には殊に効力がございます。
各年、司法書士試験の合格率のパーセンテージは、およそ2〜3%ぐらいとなっています。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間とのバランスで考えると、司法書士資格試験がどんなに狭き門か分かるでしょう。
現実的に全必須科目の合格率の平均値は、おおよそ10〜12%で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が高いようにとられがちですが、それに関しては各試験科目の合格率でして、司法書士試験それ自体の合格率では、決してないのです。

リアルに会計事務所OR司法書士事務所に就職し、現場歴を増やしながら、確実にしっかり学ぶといった人の場合は、比較的通信講座がマッチしていると考えます。
非効率的な勉強法で取り組み、労力掛けて寄り道するのは何の得にもなりません。必ずや最善の学習法で短期間合格を獲得して、憧れの司法書士になりましょう。
長所いっぱいの、司法書士学校通学における質の高い勉強法ですけど、その分数十万円以上の一定レベルの金額が必要となりますので、どなたでも入学できるものじゃないのです。
近い将来本格的に勉強をやり始める受験者においては、「司法書士試験については、どの程度の学習時間を維持したら合格することができるのか?」といったことは、やっぱり事前に知っておきたいことでしょう。
こちらのHPサイトでは、司法書士専用の通信教育(通信講座)を、的確に正しくセレクトができますように、ニュートラルな立場にて評定できるデータをピックアップしていきます。そうしてそれをベースにご自分で最適なものを選んで。

実際に合格率が10%以下と、司法書士試験は難易度レベルが高めの難関試験であります。ですけど、行過ぎるくらい恐れないで大丈夫。努力を積み重ねれば、誰であっても必ず合格は切り開けます!
司法書士試験の合格率は、低く1〜2%前後と知られております。近ごろ、法科大学院(専門職大学院)が建てられ、全部の教育課程を修了することにより、新司法試験受験資格というものをゲットすることが可能です。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を目指すのは、決して不可能じゃないでしょう。だけども、司法書士の資格取得試験は10人受験して、たった1人も合格できない超難易度の高い試験とされています。合格をするためには、優れた学習方法を自分のものにすることが要求されるのです。
基本的に司法書士試験につきましては、歳や性別・学歴などの条件は不問ですので、年齢に関係なく受験することが認められています。万が一法律に関しましての知識・情報がゼロの初心者であろうと、しっかりとした試験対策をとったら、合格することも可能です!
現実的に専門知識が要求される試験内容で、難易度が高めとされておりますが、基本司法書士試験においては、便利な一部科目合格制を取り入れているから、1教科ずつ一年に一度5年かけて合格を獲得していくやり方も、問題ない試験とされております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|個々の教科の合格... | トップ | 司法書士|今日の司法書士に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL