13年の経験を持つ司法書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|簿記論の科目につきましては…。

2017-07-16 05:50:02 | 日記

司法書士試験につきましては、現実記述式の筆記試験だけしか存在せずというように、思っていていいですよ。なぜかというと、面談での口述試験については、何か無い限り不合格にならない簡単な試験だからです。
簿記論の科目につきましては、理解しないといけないことは実に多々ですが、百発百中で計算する問題にてつくりだされているため、司法書士資格は法律系資格のうちでは、他よりオール独学であっても、自分のものにしやすい分野の試験科目となっております。
法令の消費税法に関しましては、司法書士試験の受験科目の中では、それ程難易度は高めではあらず、簿記の知識を土台からいくらか持つことができていれば、割合容易く、合格点を満たすことが出来るはず。
原則的に司法書士試験を独学スタイルで通すのは、本当に難関ですが、そうであっても自力で貫きたいと望んでいる人は、まず先に会計に関わる科目の勉強からし始めるべし。
司法書士の国家試験の制度の改定を機に、かつての運次第の賭け事的要素が排除され、実際に腕前があるものかが判定される試験へと、司法書士試験の内容は刷新したのです。

いずれの教材で習得するかというよりも、いずれの効率いい勉強法で取り掛かるかという方が、明白に司法書士試験で合格を勝ち取るためには重要だと言えます
あらかじめ法律関係の知識がないのに、僅かな期間で司法書士試験合格を実現する強者も多くいます。その方たちに見られます共通する部分は、自らに合う「効率的な勉強法」に出会うことができたことです。
合格が叶わず不合格になった際の、総勉強時間のリスクある点を思い巡らすと、司法書士資格受験は予備校主催の通信講座、OR通学タイプの講座を選択すると言うのが、1番ではないでしょうか。
押しなべて、司法書士試験に全て独学にて合格を志すのは、難易度が高いということを理解しておこう。それは合格率が絶対に10%に満たない結果をみるだけでも、ありありと知りえることでございます。
現実的に司法書士試験は、メチャクチャ難関であると言われております、日本の国家資格の1つ。ここにおいては、司法書士試験にストレートで合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、私自身の合格に至るまでの実体験をもとにして記載します。

基本的に科目合格制度とされる、司法書士試験については、1回の試験で、5ジャンルの科目を受験する必要など無くって、時期を分けて一つの科目ごとに数年かけて受験を実施してもいいシステムです。1度合格点を得た科目は、司法書士資格を獲得できるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。
大多数の専門学校・スクールには、司法書士資格取得の通信教育が開かれています。それらの中には、デジタルメディアプレーヤーなどを使って、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育を受講することができる、スクール等もございます。
全部独学だけに限定して勉学するほどの、十分な自信は持っておりませんが、己自身のスピードで勉学に励みたい方には、事実司法書士専門の通信講座を選んだ方が、最適な勉強法といえます。
司法書士試験に関しては、トップクラスを誇る難関国家資格取得試験でありますため、信頼できる専門学校に行って勉強した方が、いいかもしれません。ともあれ、独学で臨んだとしても人により、非常に効果が期待できるといったような事例もあるようです。
実際日商簿記1・2級を誰にも頼らす独学で、合格を得た方でありましたら、司法書士試験においての簿記論ですとか財務諸表論の2種類に対しては、これらも両方独学で合格を目指すといったことも、ハードルが高いというわけではないかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|現実的に毎年…。 | トップ | 司法書士|難易度レベルが高... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL