13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|当然行政書士試験をたった一人で独学にて進めるのは…。

2017-06-16 20:30:06 | 日記

丸々独学で通しているけど、受験当日までのスケジュールの立て方とか勉強スタイルなどに対して、不安を持つというような際であれば、行政書士試験に対応する通信講座を受講してみるのも、1案かと思います。
中でも9月初旬から、翌年度の行政書士試験に挑むために準備を開始し出すなんて方々も、多く存在しているかと存じます。約1年あまり続くとされる厳しい受験勉強では、自分に最も合う勉強法を身に付ける工夫も必要であります。
現時点、または近々、行政書士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学で受験を行う方たちのために製作しました、総合情報ニュースサイトであります。その中では合格をする為のノウハウをはじめとする、詳しい仕事の事柄、そのやりがい等をお伝えしています。
実際に行政書士試験は、狭き門とされております、国家資格の中の1つです。このHPでは、将来行政書士試験に必ず合格するための効率的な勉強法などを、私の合格するまでの体験談をベースとして詳細に書きます。
行政書士につきましては、たとえ一から独学で臨んだとしても合格を実現できる国家資格の一つでございます。なかんずく現在、サラリーマン・OLなどの方が意欲を持って努力する資格としましては将来性がありますが、一方で難易度もハイレベルとされています。

言うまでもありませんが、行政書士試験を受けるには、いい加減なやり方でしたら合格への道が遠くなる、高難易度の試験であると思い知らされます。つまるところ費やすことができる貴重な時間を出来るだけ効率よく利用して試験勉強を行った人が、結果合格することが可能な試験なのであります。
私自身行政書士試験の勉強を進める中では、集中力が長く続かなかったり、モチベーションを上げることが大変だったりとしたデメリットな面も実感しましたけれども、全体的に見て通信講座をやって、満足のいく結果が出たように思えます。
直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座を交互に利用できる、「資格の大原」の専門学校におきましては、高品質の教材各種と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、行政書士試験の合格者の1/2を出すといった高い功績を残しています。
大概の方たちは、誰もが知る会社であるからとか、安易で不確かな所以で、通信教育を決めてしまいがち。でも、そのような決め方で高レベルの行政書士に、合格するはずはないです。
学習にあてることができる時間が連日存分にある受験者は、普遍的な勉強法を取り入れることによって、行政書士試験合格が狙えますが、会社勤めをしているなど日常生活で暇が無い人に対しては、確実な術とは言えないと思います。

実を言えば、行政書士を目指すといった際については、予備校に通学せずに独学で合格を獲得しようとする人が少ない状況であり、実は他の受験と比較してみると、市販の教科書も十分に、存在しません。
2006年度から、行政書士試験の問題内容は、沢山変更が行われました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢択一の問題であったり、記述式(論文)での問題のような今までなかった流れの問題も出題され始めました。
一口に言って合格するには「足切り点」とした仕組みが、行政書士試験には存在します。わかりやすく言い換えますと、「一定ラインの点数に届いていないと、合格になりませんよ」とされます境界の点数が定められているんです。
事実「法をベースに考える頭を持った方」であるかそうではないのかということを判別するような、すこぶる高い難易度の試験としていわれているのが、今時の行政書士試験のリアルな現状として捉えられます。
当然行政書士試験をたった一人で独学にて進めるのは、著しくハードルが高いのですが、チャレンジしたいと思っている受験生は、まず先に簿記論など会計科目を会得することからし始めるようにするのがおススメ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|実際に法人税法の... | トップ | 行政書士|全部独学で行政書... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL