13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|これまで法律知識ゼロにも関わらず…。

2017-06-22 19:50:11 | 日記

法律系国家資格の、高度な知識や経験を必要とする務めをする、行政書士と行政書士ですけど、実際の難易度としましては行政書士の方がハードルが高く、加えてその執り行う業務の詳細にも、いくらか各々異なっております。
厳しい関門といわれる税法科目の「理論暗記」をメインとし、行政書士試験の勉強法のコツかつまた効果が期待出来る頭脳のトレーニング、速聴・速読力を磨く強化メソッドに関しても余すことなく突きつめています!他暗記法の秘訣や勉強時に推奨したい、実用的なツールを掲載していきます。
DVD教材や、本を見ての勉強方法に、心なし不安になってしまうのですが、現実で通信講座を受け、行政書士資格をゲットした受験者もいるわけだし、独学する選択をとるよりも、まだマシというように感じています。
大抵全ての科目の平均での合格率は、全体から見て10%〜12%あたりであり、他の難関とされる資格よりも、合格率が高いように思えるでしょうが、それについては各教科の合格率であって、行政書士試験オールでの合格率ではございません。
これまで法律知識ゼロにも関わらず、僅かな期間で行政書士試験合格を実現する猛者もおります。合格をした方々に同様に共通している点は、自らに合う「確実な勉強法」を選定することができたことです。

誰にも頼らず独学での行政書士資格の勉強法の選択を行う場合、とりわけ壁となる可能性があるのは、勉学に励んでいる中にて疑問に思う事柄があるといった場合に、尋ねることが出来かねることです。
基本的に通信教育の講座では、行政書士試験に的を絞ったアプローチ策を万全にした、独自の教材が存在しますから、1人での独学よりも学習の仕方がキャッチしやすくて、勉強が効率よくできると存じます。
各年、行政書士試験の合格率のパーセンテージは、おおよそ2〜3%位であります。学習にかける時間数との相互関係を見ると、行政書士資格試験がどれ程までに難易度が高いかご想像いただけるかと思われます。
国家資格を取得して、今後「自身の力で新たな道を切り開きたい」等といったポジティブな気持ちがある受験生なら、どんなに行政書士資格の難易度が物凄く高いようでも、その大きな壁もきっと超えることができるハズ。
資格取得が難しい試験といわれる行政書士試験にいざ臨むときには、ちょっとやそっとの努力なんかでは合格が難しいです。もちろん全部独学で合格を手に入れようとするならば、超頑張らないといけません。ほんのちょっぴりでも貢献できるインターネットサイトに思っていただけたら大変嬉しく思います。

行政書士に関しては、もしも一から独学で臨んだとしても合格を手にすることができる資格といえます。確かに、仕事をしている人が積極的にチャレンジする国家資格としては将来性がありますが、隣りあわせで難易度も高いレベルであります。
現実的に毎年、2万名〜3万名程度が受験に臨み、ほんの600人〜多くて900人強しか、合格をゲットできません。この点に注視しましても、行政書士試験の難易度がめちゃくちゃ高いというのが想像することが出来るでしょう。
法律系の学校を出る必要性も、かつ今まで未経験者だとしても行政書士の職に就くことはできますけれど、けれどその分完全に独学であるケースは、長時間の勉強をこなすということも絶対に大事。自身も最初から最後まで独学を貫き合格できたので、断言できます。
目下皆様が、行政書士の試験合格体験談関係を、多々情報を探し回ってご覧になっている要因は、大半が、どんな勉強法・進め方があなたにフィットするのか、迷いが生じているからでしょう。
法律系国家試験の行政書士試験の合格者の合格率は、大よそ10%あたりと、難易度が高いと言われる割には、他と比較して高合格率となっています。けれど、初回で合格することが出来るのは、可能性がほぼゼロと聞かされました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|現実1教科ずつ受験... | トップ | 行政書士|平成18年度以降…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL