13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|実際かかる費用が30万以上…。

2017-07-14 12:10:06 | 日記

仮に日商簿記検定試験1・2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格を得たというツワモノであるならば、行政書士試験での簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に限るなら、基礎があるので独学で受験に合格するのも、高難度なわけではないのかも。
基本的に行政書士試験につきましては、詳しい受験の制約なんてなくって、学歴の有無は条件が定められていません。そのため、過去に、もしも法律の事柄を勉強を1度たりともしたことがないケースであれど、有名な学校を卒業しておらずとも、行政書士の資格をとることはできます。
通常行政書士試験は、高難易度とよく言われる、ステイタスある国家資格の1つ。ここにおいては、目的とする行政書士試験に必ず合格するための工夫された勉強法などを、当サイトの管理人自らの合格までの道の実体験を経て得た情報を踏まえて書き記します。
実際行政書士試験に関しては、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の制限は無いため、老若男女受験OK。ちなみに法律の専門的な知識・経験が全然無くとも、確実な受験の対策を行えば、合格することも可能です!
合格率の割合に関しては、行政書士資格を取得する難易度が高いかどうかを表わす顕著なモノサシの一つなのですが、ここ何年かは、以前よりこの数字が明らかに低下気味であって、受験生たちの関心が高まっております。

要領の悪い勉強法で取り組み、労力掛けて寄り道するということほど、意味の無いことはないでしょう。必ず手際の良いスタイルで短期にて合格を実現させて、行政書士となって社会に貢献しましょう。
実際かかる費用が30万以上、時々にはプラス20万の合計50万円以上の、行政書士試験向けの通信講座といったものもよく見られます。そして講座を受ける期間も、1年以上位の長い期間のコースとなっている場合が、しばしばございます。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院を卒業した経験者でも、不合格結果がもたらされることもありえるほどなので、核心を突いた効率良い勉強法をよく考えて挑戦しなければ、行政書士試験に合格するのは簡単ではないでしょう。
各々の教科の合格率の比率につきましては、ザッと10%強というように、全ての教科ともに高難易度の行政書士試験は、科目合格制度が採用されているので、働きつつ合格を志せる、資格とされています。
実際行政書士試験をオール独学で貫くというのは、大変壁が高いものですけれども、それでも取り組みたいと思われている方は、まずもって会計の科目の勉強から挑むと良いのではないかと思われます。

平成18年度以降、国家試験の行政書士試験は、大分改定がされました。それまでと違い法令科目が、重きを置かれるようになり、選択制のマークシート式の、記述式の試験問題のような新しい傾向の試験問題も出題され始めました。
従来より、法律の知識ゼロより取り掛かり、行政書士試験合格に欠かせない試験勉強時間は、大体「3000時間強」と周知されています。実際的に1回で合格を決めた方の総勉強時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
簿記論科目においては、理解するべき内容は多いですが、大抵全て計算問題が主要で出題が行われますから、行政書士になろうとするためには、相対的に独学で挑戦したとしましても、身につけやすい試験教科といえるでしょう。
プラスとなる面ばかりの、行政書士資格の専門スクールに通学する効率的な勉強法ですが、現実十万を超える特定の代金が掛かるため、どなたであっても受けることが可能であるわけじゃないというのが本音です。
現実従前に法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、ごく短期の学習時間で行政書士試験に晴れて合格される先輩もいたりします。彼らの過半数以上に同じように見ることが出来る点は、自分自身に相応しい「能率的な勉強法」を選択できたということでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|大半の専門学校に... | トップ | 行政書士|学習に集中するこ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL