13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|合格率3%くらいしかない難関の…。

2017-06-14 14:20:06 | 日記

ずっと独学スタイルで学習するほど、意識はないのですが、己の進度で学ぶことができたらという人の場合は、あえて言うなら行政書士専門の通信講座を選んだ方が、条件に適う勉強法といえます。
少し前までは合格率の数値が10%あたりが普通だった行政書士試験でありましたけど、最近は、一桁の割合でずっと定着をみせております。合格率一桁の台というと、難易度上位の国家資格の中の一つとして、認められます。
実際行政書士試験については、生易しい試験ではございません。合格率というのは、10%程となっています。しかしながら、一度に限った試験ではなくって、長いスパンで合格する予定でありましたら、著しく難度が高いものではないと思われます。
難易度が高めの国家試験に因らず、1つの科目ごとに別にして受験することも認められておりますので、それ故行政書士試験は、毎回5万人もの人達が受験を行う、難関試験でございます。
どういった予想問題集などで勉強を行うのかということよりも、いかような能率的な勉強法で進めるのかという方が、確実に行政書士試験で合格のためには大事であります。

押しなべて、行政書士試験に誰にも頼らずに自分の力で独学で合格するといったことは、容易なことではないという事実をあらかじめ確認しておくように。それにつきましては合格率がずっと10%超えしない現実からも、ダイレクトに知りえることでございます。
プロの先生方とダイレクトに接触することが可能である通学面の利点は、大変魅力がありますけれど、常に攻めの気持ちさえ持ち続けることが出来るなら、行政書士向けの通信教育で学習することで、しっかりスキルアップが可能だと思います。
毎度大抵、行政書士試験における合格率は、大体2〜3%程度でございます。必須とされる学習期間とのバランスを見てみますと、行政書士の資格取得試験がどれ程までに高難度かがご想像いただけるかと思われます。
実際毎年、2〜3万名ぐらいの方たちが受験をして、僅か600名〜900名のみしか、合格を実現することができません。この1部分に目を向けても、行政書士試験の難易度が高度であるのかがわかるでしょう。
今日びの行政書士試験に関しましては、現実筆記タイプの試験だけしか存在せずといったように、思っても問題ないでしょう。何故かといいますと、口述での試験なんかは、よほどでないと不合格になることのない形式的な試験だからです。

合格率3%くらいしかない難関の、行政書士試験に合格しようとするには、全て独学での試験勉強だけでは、手強い場合が多々あって、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて学習するのが大部分となっています。
基本5つの科目合格に辿り着くまで、年数を要することになる行政書士資格の受験では、ずっと勉強していられる環境づくりが、決め手で、通信教育コースを選択する際は、一段とそのことについて関係してきます。
予備校の行政書士の講座を受講したいけれど、近場にそういった予備校がない、仕事が忙しくて残業続き&休みがない、家事などで学校に通学する暇がないとした受験者のために、各学校毎にて、空いた時間に勉強できる通信講座を取り入れています。
司法試験と同じような勉強法で取り組むと、新たな行政書士試験だけの受験生に比べ、勉強を行う総量がものすごいボリュームになる可能性あります。その上期待した結果には至らず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
こちらのサイトは、現役で活躍中のベテラン行政書士が、行政書士試験のベストな勉強法の紹介を行い、日本全国の行政書士資格取得の通信講座の世間の人気度、リアルな意見などの調査をして、解説をアップしている専門サイトであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|行政書士試験に関... | トップ | 行政書士|イチから独学で行... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL