13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|従来は合格率10%超えにて安定していた行政書士試験も…。

2017-07-14 16:40:06 | 日記

リミットがある時間を上手く活用して、勉強することができるので、会社勤めまた家事などと折り合いをつけて行政書士資格の取得を志そうと考えておられる人たちには、時間の都合が付けやすい通信講座については、特に重宝します。
ずっと前より、法律に関する知識が全くゼロの状態から取り掛かり、行政書士試験合格に絶対に要る勉強の総時間は、「3000時間ほど」とされております。調査してみても、ストレートで合格する人の学習時間は、平均して3000時間強のようです。
安価や勉強範囲をチョイスして、総学習量を削減した学習システム、質の高い教科書などが人気である通信教育の「フォーサイト」。行政書士対象の通信講座と言えば名前が一番に挙がる、と断定できるほど、評判であります。
深い知識・経験を要する試験内容で、難易度が非常に高度となっておりますが、元来行政書士試験におきましては、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度を設けておりますから、各々数年費やし合格していくスタイルであっても、オッケーとされている試験となっています。
出来る限り危険を避ける、リスクを低くする、念を押してといった考えで、行政書士試験に挑戦する折に、合格率が高いスクールに通い学習した方がおススメではありますが、独学での受験を1つの道に選んでもいいかと思われます。

現実的に毎年、2〜3万人の人達が資格試験を受験し、そこから600人〜900人だけしか、合格に至れません。この現況をピックアップしても、行政書士試験がどのくらい難易度が高いのかが認識できます。
通学講座&通信講座の2種を交互に申込可能である、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、高品質のテキストブックと、かつまたプロフェッショナルの講師達の指導で、毎回行政書士合格者の半分以上の合格者を世に出すといった高い実績を有しています。
今諸君が、行政書士の合格ゲットまでの道のり体験日記などを、沢山リサーチして見ているワケというのは、高確率で、どういった勉強法があなたにベストなのか、迷いがあるからではないでしょうか。
最初から最後まで独学で行政書士試験で合格しようというには、ご自分で合う勉強法を見つけなければいけません。ともあれそのために、特に良いといえる工夫は、先陣の合格者がやった勉強法をコピーすることといえます。
簡単に述べますといわゆる「足切り点」という厳しい仕組みが、行政書士試験にはあるんです。わかりやすく言い換えますと、「一定ラインの点数以下ならば、通過できずに不合格となりますよ」との数値があらかじめあるのです。

税法の消費税法は、行政書士試験の教科の中では、そんなにも難易度は高くなっておらず、簿記の基礎の学識をいくらか持つことができていれば、相対的に簡単に、合格のボーダーラインを超えることが出来るといえます。
科目合格制が設けられております、行政書士試験に関しましては、一回に、5種の科目を受験することは義務付けられていなくて、1つの科目ごとに受験してもOK。合格を果たした科目につきましては、その後行政書士資格取得まで適用されます。
現実的に行政書士試験は、高難易度の国家試験というように言われておりますので、経験豊富な教師陣が揃った予備校に行って勉強した方が、間違いないといえます。さりとて、独学であっても人によっては、非常に効果が期待できる等の成果も見られたりするのです。
行政書士の国家試験の制度の改定において、これまであった努力よりも運に関係する博打的な内容が全てなくなって、事実上手腕があるかないかが審判される難易度の高い試験へと、行政書士試験は根本から変わりました。
従来は合格率10%超えにて安定していた行政書士試験も、現在、一桁台が続いております。合格率が全体の一桁といいますと、難易度トップクラスの法律系国家資格のひとつとして、把握されます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|学習に集中するこ... | トップ | 行政書士|実際行政書士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL