13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|合格が叶わず不合格になった際の…。

2017-06-17 16:30:04 | 日記

国家資格試験の行政書士試験の合格率の数値は、10%前後と、難易度が高いと言われる割には、高めの合格率が出ております。だとしても、一回目の試験で合格するのは、限りなく0%に近いと聞いています。
連結実務の個別論点を勉強し出しましたら、関連している訓練問題に出来る限り臨むようにして、キッチリ問題に慣れるようにするとの勉強法を新しく取り入れることも、行政書士試験の簿記論対策法にとってはスゴク効果が高くなります。
日本国内でも非常に難関と言われている難易度として名高い行政書士試験の内容は、11科目の法律の内から多くの難しい問題が出るため、合格を獲得しようとするには、長いスパンでの勉強が求められます。
今や合格率7%未満と、行政書士試験は難易度レベルが高めの資格試験です。とは言っても、行過ぎるくらい怖気づくことはないです。コツコツ努力を重ねることにより、誰であろうと必ずや合格を目指すことができます!
昔から毎年、2、3万人辺りが試験を受け、その中の600人〜最高900人前後強しか、合格に至れません。その1点を見れば、行政書士試験の難易度の加減が想像することが出来るでしょう。

無論のこと独学スタイルで、合格を目指すのは、可能であります。しかし、毎年行政書士は10人受験をしたとして、合格者ゼロの場合もありますハードルの高い試験といわれています。資格を取得するためには、成果が期待できる質の高い勉強ノウハウをマスターするべきです。
大概のことは全て集約したテキスト内にも掲載されていない、知識が要求される問題などは、キッパリ断念すると良いかと思います。要するに気持ちを切り替えることも、高い難易度の行政書士試験に合格するには、重要といえます。
実際に法人税法の内容は、事業を営む時には、必ず知っておくべき要必須な事柄であります。だが、覚えなければいけない量がスゴクあるために、受験生の間では行政書士試験の1番の壁といった様に周知されています。
今諸君が、行政書士の試験合格体験談やらを、いっぱいインターネット等で見ているワケというのは、大概が、どうした勉強法・やり方があなた自身にマッチしているのか、戸惑っているからではないですか。
従前は合格率十数%以上あった行政書士試験だったけれど、今日び、1割以下の率でおさまりつづけています。合格率一桁とした場合、難易度が高度な国家資格の内のひとつとして、認知されるのです。

現実的に行政書士試験の目立った特徴点としまして、評価基準に基づいた試験体制で、合格者数の定員を最初から設けておりませんので、結果として試験の問題の難易度の程度が、確実に合格率になって表れます。
現実会計事務所やもしくは行政書士事務所に勤め、実務経験を重ねていきながら、じっくり学ぼうとした方は、通信講座の学習方法がピッタリ合っているだと言えるのではないでしょうか。
実はDVD及び、テキストを用いての学習の仕方に、少々不安を持っていますけれど、現実で通信講座を受け、行政書士資格取得を実現したという人達も数多く存在しておりますし、独学で進めるよりは、いいはずであると信じています。
いろんなメリットがある、行政書士の専門学校に通学する上での勉強法でありますが、通常十万円以上のそこそこの投資額が掛かってきますから、全員皆が参加できるものじゃないのです。
合格が叶わず不合格になった際の、トータル学習時間のリスク度を案じると、行政書士の試験についてはスクールの通信講座、それか通学授業コースの選択を行うのが、1番とみなしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|数ある行政書士の... | トップ | 行政書士|超難関資格試験と... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL