13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|どのテキストブックを用いて勉強を行うのかというよりも…。

2017-06-20 15:10:03 | 日記

数年前までは合格率約10%以上にて安定していた行政書士試験も、昨今は、1割に届かない数値で滞っています。合格率一桁台であると、難易度が高めの国家資格であるとして、認知されるのです。
金融取引等のことが含まれる法人税法については、会社を営む場合に、絶対欠かせない要必須な事柄であります。とはいえ、暗記事項が相当あるんで、業界内におきましては行政書士試験の1番の壁であると言い表されています。
毎回全試験科目の合格率の平均値は、10%から12%前後で、別の難関資格以上に、合格率が上であるように感じがちですけれど、それに関しては各試験科目の合格率の平均値であって、行政書士試験全部の合格率ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
毎年総じて、行政書士試験の事実上の合格率の数字は、大体2〜3%程度でございます。必須とされる学習期間との相互の兼ね合いで考えると、行政書士資格試験がどのくらい高い難度であるかご想像いただけるかと思われます。
実際行政書士試験の合格率に関しては、大体10%ほどと、難しい試験とされているにしては、他と比較して高合格率となっています。ですが、一発勝負で合格実現を果たすというのは、極めて困難で望みが薄いと言っても過言ではありません。

資格取得講座が学べるスクールもカリキュラム内容についても種々ございます。それゆえ、いろんな行政書士の資格取得講座の中にて、社会人で忙しい受験者でも勉強が行える、通信講座を持っている専門スクールを色々リサーチしました。
従来は行政書士試験に関しては、他の資格と比べてとりやすい資格といった風に言われ続けてきましたが、今はグンと難易度が高く、どんなに頑張っても合格を獲得することが容易でない資格になります。
どのテキストブックを用いて勉強を行うのかというよりも、いずれの勉強法に頼って進めるのかという方が、確実に行政書士試験を通過するためには重要だと言えます
実際に通信講座ですと、行政書士ないしは行政書士であろうと、どちらとも自宅まで学習書などを送付して頂くことができますから、自分自身のスケジュール管理によって、勉強を行うのが可能です。
現実的に30万円以上〜、または50万を超える額の、行政書士資格取得の通信講座もよくあります。この場合講座を受講する期間も、1年以上位の長期スケジュールの課程であるというのが、多々見られます。

実際合格の結果が得られなかった時の、トータルの勉強時間のリスクを思案しますと、行政書士資格の受験は専門予備校の通信講座、もしくは通学しての講座受講を選ぶのが、事無きを得るものではないかと思います。
実際独学での行政書士を狙う勉強法を選ぶ状況で、殊に問題となりますのは、勉強を行っていて気になる点等が発生してきた場合があれど、誰かに質問するということができないことです。
行政書士試験というのは、基本的には記述式の問題だけしか存在していないというように、考えてしまって結構です。その理由は、口述試験に関しては、余程マズイことをしない限り落ちるようなことがない簡単な程度の試験だからであります。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、より難易度が高い行政書士の業種ですが、合格に辿り着くまでの道のりが障害が多いからこそ、資格を取得した後には高い需要があることや報酬のアップ、ともに憧れるステータスを獲得できるということも考えられます。
ここ数年の行政書士は、めちゃくちゃ難易度レベルが高い試験で、いずれの通信教育を選ぶかによって、受かるか・落ちるかが決まります。ただし、多様な会社が同じようなサービスを提供していて、どこを選ぶと合格への道に近いか、判断が付かない方も多いのでは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|通学講座+通信講... | トップ | 行政書士|実際5種の教科に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL