13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|国家試験の制度の修正とともに…。

2017-07-23 16:30:03 | 日記

訓練問題によってより深く理解して基礎を築いた後、実用的な応用問題へと切り替える、典型的な勉強法を実行するのが、行政書士試験を受ける上での簿記論科目に関しましては、効果が期待できるみたいです。
合格率の数字が全体の7%前後とすると、行政書士資格試験は著しく難易度が高く感じますが、絶対評価による達成点数の最低でも60%以上の問題に正解することができれば、合格判定は間違いないでしょう。
国家試験の制度の修正とともに、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる博打的な内容が省かれ、まさに真の実力が備わっているのかがジャッジされる資格試験へと、今日の行政書士試験は新しく生まれ変わりました。
前もって法律についての知識を全く持っていないのに、僅かな期間で行政書士試験合格を実現する猛者もおります。彼らの過半数以上に共通して見られるポイントは、自身に丁度良い「効率の良い勉強法」を見極めることが出来たことです。
各年、大体2万名から3万名が試験を受け、多くとも900人だけしか、合格を実現することができません。その1点をとり上げましても、行政書士試験の難易度の様子が想像することが出来るでしょう。

大抵全ての科目の平均的な合格率の割合は、全体の10〜12%くらいで、他の難関とされる資格よりも、いくらか合格率が高く思ってしまうかもしれませんが、それについては各教科の合格率の数字でありまして、行政書士試験自身の合格率ではございません。
勉強に集中できる学習時間が日常生活で結構あるという人でしたら、通常の勉強法で実行すれば、行政書士試験の合格も望めますが、別の仕事を持っているなど制約される条件がある方にとっては、現実的なアプローチとは言い切れません。
当然ながら行政書士の合格を目指すには、効率の良い勉強法で進めるのが、かなり大事となります。こちらのサイトにおいては、行政書士試験の開催日だとか質の高い参考書の選択法など、受験生たちに有効な情報・最新ニュースを掲載しております。
2006年より、法律系資格の行政書士試験は、広範囲にわたり変わりました。従前と異なる点は法令科目が、重要視され、択一式の試験問題や、40字程度の記述式の問題というような今までには見られなかった新傾向問題も見られるようになっています。
受講料が30万円以上かかる、さもなくば総額50万円以上である、行政書士資格の通信講座もよくあります。また受講を行う期間につきましても、1年を過ぎる長期間の受講計画とされているのが、普通にあります。

一般的にほとんどの資格スクールに関しては、行政書士資格の通信教育が開かれています。そんな中には、USBメモリなど活用しやすいツールを使って、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育を実施している、学校なんかも多くございます。
講義を収録したDVDや、テキスト学習材での勉強スタイルに、僅かに不安を持っていますけれど、過去に通信講座オンリーで、行政書士国家資格を獲得した方もいっぱいおりますし、独学で行うよりかは、いくらかマシなはずと思っているのです。
今、もしくは後々、行政書士にオール独学で挑戦する人に対して作成した、特化した専門サイトです。そこでは試験に合格する為のノウハウをはじめとする、仕事の内容、業種の魅力などを色々掲載しております。
関門であるといわれております「理論暗記」を中心に取り扱い、行政書士試験の効率のいい勉強法プラス頭脳訓練、速聴と速読といったこと等についても徹底究明!他にも能率的な暗記法だったり、受験勉強に、貢献する&実践的な各種ツールをこのサイトで情報発信していきます。
つまり行政書士試験とは、行政書士を生業にするために必要とされる法律の知識、かつまたその事柄を応用する器量をちゃんと持っているかどうかを、審査することを最大の目的に、公的に開催されている法律系の国家試験です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|行政書士試験につ... | トップ | 行政書士|各教科の合格率を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL