13年の経験を持つ行政書士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ行政書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを発信していくブログです!

行政書士|実際に国家試験の行政書士試験の合格率については…。

2017-06-16 11:00:05 | 日記

一切独学で行政書士試験合格を勝ち取ろうとする折には、あなた自身でベストな自己勉強法をあみださなければいけないです。そうした際に、最も確実な手段は、過去の合格者がとっていた勉強法とそのまんま同じようにすること。
行政書士試験につきましては、現実筆記形式の試験しか無いと、考えてしまって結構です。何故かといいますと、口述形式の試験は、90パーセント以上の割合で不合格になることのない容易な試験のためであります。
科目合格制をとっている、行政書士試験につきましては、同じタイミングに1度に、全5科目を受験することは決められておらず、1回に1科目のみ数年かけて受験を実施してもいいシステムです。合格を果たした科目につきましては、この先行政書士になるまで合格実績は有効です。
他と比較してリーズナブルな受講料金や対策範囲の的を絞り、学習する量を減らしたスケジュール、質の高い教科書などが人気を得ている通信教育サービスのフォーサイト。行政書士向けの通信講座ならばコレ、と言えるくらい、受験生内で評価が高いです。
通学授業プラス通信講座の2タイプを掛け合わせて利用できる、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、高い精度の教材各種と、経験豊かな教師陣にて、行政書士合格者全体の50%の人数の成果を出す業界トップクラスの実績を誇ります。

中でも9月初旬から、翌年度の行政書士試験に挑むために準備を開始し出すとした方も、多いでしょう。約1年あまりに及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、ご自身にフィットする勉強法を探し出すオリジナリティも必須といえます。
ユーキャンが提供している行政書士資格取得講座は、例年約2万を超える受験生が受けており、そんなに法律のことに精通していないなんて方であっても、辛抱強く資格をとることが出来るまでの手順を学び取ることができる、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。
実際に国家試験の行政書士試験の合格率については、約10%と、高い難易度であるとよく言われているにしては、高めの合格率が出ております。だとしても、一度の挑戦で合格を可能にするのは、限りなく0%に近いと言われている現状です。
科目ごとの合格率の値に関しましては、約10%程度と、全教科もそろって難易度高の行政書士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、日中も働きながら合格を目指せる、資格といえるでしょう。
合格者が少ないといったように言われております行政書士試験の難易度については、著しく高度であり、例年の合格率も概ね2・3パーセントと、法律系の国家資格の中においても、トップを誇る難関資格試験となっております。

司法試験と一緒の勉強法でございますと、一からの行政書士試験専業受験者と比べまして、勉強にかける量が非常に沢山になりがちであります。その上期待した成果は見られず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。
過去に日商簿記試験1級・2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格をゲットされた受験生ならば、行政書士試験の必須教科の簿記論及び財務諸表論の2種の教科に限るなら、双方独学スタイルで試験に合格するのも、不可能なことではないのではないでしょうか。
どのようなテキストで会得するのかなんてことよりも、どういう勉強法を用いて取り掛かるかの方が、一層行政書士試験での合格には大切だと考えられます
全て独学オンリーで学ぼうとする、心の強さはありませんが、もし自分のペースにてコツコツ勉強したいと考えている方ならば、強いて言いますと行政書士資格の通信講座を選択した方が、最適な勉強法といえるでしょう。
原則的に独学で勉強して、資格試験に合格をするのは、可能であります。けれど、行政書士の試験は10人トライしても、1名も受からないこともあるハードルの高い試験といわれています。それを乗り越えるには、優れた学習方法を会得することが求められます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|一般的に平均の合... | トップ | 行政書士|難易度レベルが高... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL