13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|昔から毎年…。

2017-06-16 10:00:06 | 日記

法人税の個別の検討論点に着手したら、関連している訓練問題に可能ならば挑み、しっかり問題を解き慣れるようにしておくという勉強法を導入するのも、公認会計士試験の中での簿記論対策に関しましてはとっても効果的とされます。
基本として、公認会計士試験に完全に独学で合格することは、高難易度と言うことを知っておきましょう。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%いかない結果をみるだけでも、簡単に認識することができるでしょう。
公認会計士試験においては、リアルに合格率が6%位という風に言われていて、事務職系の資格の中においては、難関といわれている資格とされています。ただし、出題問題のうち6割正解したら、合格間違いなしです。
正直DVDでの映像授業ですとか、テキストを活用しての勉強の進め方に、ちょっと不安感を持っているわけですが、本当に通信講座にて、公認会計士国家資格を獲得した先駆者も大勢いますし、独学で進めるよりは、ベターなのではと考えております。
つまり公認会計士試験とは、公認会計士として活動するのに必ず要る知識、またその事柄を応用する器量をちゃんと持っているかどうかを、見ることを最大の目的に、実施する法律系の国家試験です。

昔から毎年、2万〜3万人前後の人が受験し、多くとも900人だけしか、合格に至れません。この部分に着目しましても、公認会計士試験の難易度の高さがわかるものです。
一般的に簿記論は、内容のボリューム量は大量なわけですが、全体的に計算する問題で組み立てられているため、公認会計士を目指すには他の国家資格よりも、比較的独学で臨んでも、学びやすい科目にあげられます。
一般的に従来から、法律の知識ゼロより取り組み出し、公認会計士試験合格に欠かせない受験勉強時間は、通常「3000時間以上」と知られています。事実、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、3000時間超とされています。
試験まで学習時間が連日存分にあるという方は、王道とされる勉強法でやり通すことで、公認会計士試験の合格も望めますが、常日頃会社など予定が一杯な方には、ベストな取組方法ではないと断定できます。
昔から公認会計士試験においては、そう簡単ではないと言われている、法律系国家資格の1つ。ここにおいては、憧れの公認会計士試験に見事合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、自らの合格出来るまでの体験禄をもとに公表します。

実際に試験の演習問題でより理解を高めて基盤を固めてから、実践的&総括的な問題へと変えていく、古典的な勉強法を取り入れるのが、公認会計士試験の中の試験科目の簿記論にとっては、かなり効果的みたいです。
現実司法試験と等しい勉強法での進め方であると、新参の公認会計士試験だけの受験生に比べ、勉強時間&勉強量が多くなりがちです。その上見合う結末とはならず、コストと効果の関係がアンバランスです。
平成18年度(2006年度)以後、法律系資格の公認会計士試験は、新しく訂正されました。例えば法令科目が、大きく重視されるようになりまして、多肢選択方式の問題やまた、40字記述式の問題というような今までには見られなかった新傾向問題も出されています。
無駄が多い勉強法を取り入れて、自ら遠回りをしてしまうことほど、もったいないことはないでしょう。是非とも最善の学び方でごく短期で合格を手にして、公認会計士として活躍しましょう。
わずかな時間をフルに活かして、勉強が行えるため、お勤めや且つ家事などと両方かけもちして公認会計士の資格取得をしようという考えがある方にとっては、時間の都合が付けやすい通信講座については、ひときわ有効でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|大抵…。 | トップ | 公認会計士|一般的に全ての... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL