13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|結論から述べると…。

2017-07-14 19:40:11 | 日記

国家資格取得をするための講座が受けられる資格スクールも手段につきましてもバリエーションが多いです。であることから、色々な公認会計士の資格取得講座の中にて、あまり勉強する時間が持てないとした多忙な方でも学業に励むことができる、通信講座を持っている教育機関を照らし合わせてみました。
現実的に毎年、2〜3万名ぐらいが試験に挑み、多くとも900人程度しか、合格することができません。その1点に注目しても、公認会計士試験の難易度の高さが把握できます。
数ある公認会計士の通信講座の中でも、一際イチ押ししたいのは、LEC東京リーガルマインド です。使っている教本は、公認会計士受験生のうちで、使いやすさ&網羅性NO.1の指導書として高評価が集まっています。
イチから独学で公認会計士試験合格を勝ち取ろうとする折には、己で最適な勉強法をあみださなければいけないです。このために、最も最良な取り組み方法は、先の合格者が実際に行っていた勉強法と同じように行うことです。
世間一般的に国家資格内でも、高難易度の公認会計士なのですが、けれども合格できるまでの経路が難関であるからこそ、ようやく国家資格を得た後は就職率の高さや報酬額、一層権威ある地位を持てる可能性が高いのです。

通学講座&通信講座の2種のコースを同時進行で受けることが出来る、学校「資格の大原」に関しましては、GOODな教材と、加えて優秀な講師たちによって、毎年公認会計士合格者の全体の1/2以上を生み出す高実績を誇っております。
2006年度(平成18年)から、法律系資格の公認会計士試験は、グンと改正が実行されました。新たに法令科目が、より重視されるようになって、多肢択一タイプの問題とか、記述式の試験問題のような暗記だけでは解けない問題なんかも出されています。
結論から述べると、現実的に全て独学であれど、適切に、公認会計士のやるべき中身について把握できましたら、資格取得は不可能なことではないです。と言っても、それにはよほどの、長い勉強時間を持つといったことが必要です。
普通公認会計士試験というのは、年齢であったり性別・学歴などの受験資格は設けていないので、どなたでも幅広い層の方々が受験することが認められています。もし法律関係の知識や経験が一切ない素人だとしても、ちゃんと試験対策をとったら、合格を実現することも可能であります。
実を言えば、公認会計士を目指すといった際については、たった一人の力で独学にて合格をしようとする受験者が少な目で、別の国家試験より、市販の教科書もいうほど、充実していません。

一般的に従来から、法令知識皆無のレベルから取り組んで、公認会計士試験合格にマストな合計の勉強時間は、「約3000時間」とよく言われています。現実確かに、ストレートで合格する人の学習時間は、3000時間程度とのこと。
以前は合格率十数%以上が定番になっておりました公認会計士試験だったけども、現在、ダウンし一桁のパーセンテージにて停滞しております。合格率が一桁でありますと、難易度レベル高のランキング上位の国家資格として、挙げてもいいでしょうね。
大学で法律を専攻していなくても、またかつ全くの素人であろうと公認会計士の資格を取得することはできますが、ともあれまるっきり独学という際には、相当な学習量も絶対に欠かせません。ちなみに私もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、心底思います。
世間一般で難関という風によく言われる公認会計士試験の難易度の状況は、まことに高度であり、合格者の合格率もたったの2%・3%と、法律系の国家資格の中でも、上位の桁違いの難関試験であります。
状況が許せばリスク回避、安全に、用心を重ねてという意味で、公認会計士試験に臨むにあたり、公認会計士資格取得対象の予備校などに通った方が安心ですが、独学で貫くことを一案に入れても差し支えないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に9月位から…。 | トップ | 公認会計士|法人税法(所得... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL