13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|司法試験と変わらない勉強法である場合…。

2017-07-06 21:30:02 | 日記

法律を専門に学ぶ法科大学院を修了した方であったとしても、合格できないことがありえるほどなので、ツボを得た効率良い勉強法を考慮し本気で臨まないと、公認会計士試験にて合格を果たすというのは簡単ではないでしょう。
無論、公認会計士試験に挑戦する場合には、いい加減なやり方でしたら不合格になってしまう、難易度の高い資格試験だと考えております。結局のところ勉強にあてることができる時間を出来るだけ効率よく使用して受験勉強に努力した人のみが、最終的に合格する試験であります。
今日び、スクールに通学して教えてもらっている人らと、それほどにも変わらないような勉強を行うことが可能となっています。この点を現実のものとしますのが、今はもう公認会計士資格取得の通信講座の主流といえる教材となっているDVDでの講座です。
従前は合格率の数字が10%強が一般的だった公認会計士試験でありましたが、今現在、一桁の数値となって定着しています。合格率一割以下である場合、難易度が高度な国家資格であるとして、挙げられます。
一般的に公認会計士試験は、トップクラスを誇る難関国家資格取得の試験とされておりますので、合格率が高い専門のスクールに足を運んだ方が、安心できるかと思います。と言っても、全て独学でやっても各個人によって、とても効果がみられるなどのケースもあるわけです。

非効率的な勉強法で行い、自ら遠回りをしてしまうことほど、無意味なことはございません。必ずや最も良いやり方で短期集中で合格を獲得して、公認会計士となって社会に貢献しましょう。
オール独学で勉学するほどの、精神力はございませんが、己自身のスピードで学習したいとした方であれば、強いて言いますと公認会計士資格の通信講座を選定した方が、好都合な勉強法であります。
金融取引等のことが含まれる法人税法については、事業を展開する際に、必須の重要な知識です。だが、覚えこむ量がとてもたくさんあるので、受験生の間では公認会計士試験の1番の壁というように言われています。
公認会計士試験に関しましては、1科目に対し各120分しか受験する時間がありません。受験する人たちはその制限時間の範囲内で、合格レベルに達する点を取らないといけない為に、やっぱり問題回答の早さは大事になってきます。
毎年全教科の平均合格率の値は、10%から12%前後で、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が大分高いように見えてしまいますが、それにつきましては各々の科目の合格率でして、公認会計士試験自身の合格率では、決してないのです。

元々、公認会計士資格取得を志すケースでは、完全に独学で合格実現を目指す人があまりいないということもあり、これ以外の資格試験と比較して、市販のテキストの数もろくに、つくられておりません。
基本特徴ある科目合格制というやり方が設けられているため、公認会計士試験は、仕事を持っている社会人の方たちも受験にトライしやすいのですけど、逆に受験生活のスパンが長きにわたる嫌いがあります。ですので、多くの先達の勉強法というのに取り組むことも重要です。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、学習する合計時間数の危険性を考えますと、公認会計士資格試験に向けては専門スクールの通信講座(通信教育)、それか直接の通学講座を選択すると言うのが、確実だと思われます。
原則的に公認会計士試験を独学スタイルで通すのは、すっごく難関ですが、そんなハンデがあってもやりたいと考えているような人たちは、まず簿記論など会計科目を会得することから着手するとベターでしょう。
司法試験と変わらない勉強法である場合、事前知識の無い公認会計士試験に狙いを定めた受験生に比べて、勉強にかける量が大変多量になりがちでございます。加えて満足できる結果は見ることが出来ず、コストパフォーマンスが低いです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|難しい「理論暗... | トップ | 公認会計士|通信講座を受講... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL