13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|現在の公認会計士試験におきましては…。

2017-07-12 13:20:02 | 日記

個別論点の内容に着手したら、基本関連性がある演習問題に可能ならばチャレンジして、問題を解くことに慣れておくといったような勉強法を新たに盛り込むというのも、公認会計士試験の中での簿記論対策に関しましてはかなり効果のあるものです。
いろんなメリットがある、公認会計士学校通学における能率的な勉強法ですけど、合計何十万というそれ相当の受講料が必要ですので、全員皆が通えるわけじゃないでしょう。
公認会計士については、もしわざわざ専門学校に通わず独学であっても合格を目指せる資格とされております。殊に今日び、働いている方々が発起して臨む資格としては見込みがあるものですが、隣りあわせで高難易度とされております。
現在の公認会計士試験におきましては、現実的には筆記による試験だけしか存在していないというように、判断して問題ないです。なぜかというと、口述試験に関しては、90パーセント以上の割合で不合格にならない試験となっているためです。
従来より、法令知識皆無のレベルから取り組み始めて、公認会計士試験合格に絶対に要る合計の勉強時間は、「約3000時間」とよく言われています。現実確かに、ストレートで合格する人の学習時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。

非常に専門的な内容であるため、難易度が超高くなっておりますけど、しかしながら公認会計士試験では、いわゆる科目合格制度があるため、教科をひとつずつ5年間かけて合格を積み重ねていっても、OKな試験でございます。
ここのHPでは、公認会計士用の通信講座(通信教育)を、適切に選べますように、第三者的に判断可能な多種多様な材料をお届けいたします。それらを基に、後は自分自身でベストなものを選んで下さい。
日本国内でもケタが違う高い難易度を誇る公認会計士試験の詳細は、憲法・民法などの11教科の法律から沢山の問題が出されるから、合格を目指すには、長いスパンでの学習量が必須であります。
事実、公認会計士を目指すといった際については、学校にも通わず独学スタイルで合格実現を目指す人がかなり少ないということもありまして、現状他の資格取得試験に比べたら、市販の学習テキストもあんまり、本屋さんに売っていません。
従前は公認会計士試験の受験は、他の資格と比べて狙いやすい資格と伝えられておりましたけれど、最近は思い切り難易度がアップし、超合格できないという資格になっております。

試験の制度の改編に伴って、それまでの運・不運による偶然性のギャンブル的ポイントが一切なくなり、実にスキルあり・なしの力量が判別される試験へと、公認会計士試験の内容はベースからチェンジしました。
輪にかけて難しいとして周知されている公認会計士試験の難易度の状況は、超高めのものになっており、例年の合格率も多くとも3パーセントと、国家資格の中で見ても、最高ランクの超難関試験といえます。
完全に独学で公認会計士試験合格を目指そうとするなら、己で確実な勉強法を見出さなければなりません。ともあれそのために、特段良いといえる工夫は、合格した人たちがしていた勉強法を丸ごと真似することをおススメします。
日本の公認会計士試験においては、歳ですとか性別・学歴・職歴などという条件は取り決められておりませんので、どんな人であろうと資格取得を狙うことが出来るようになっております。それまで法律に関する詳しい知識・情報がゼロの初心者であろうと、質の高い受験対策で臨めば、合格可能でございます。
従来は合格率の割合が10%台を保っていた公認会計士試験でございましたけれども、昨今は、ダウンし一桁のパーセンテージでとどまっております。合格率が全体の一桁といいますと、難易度が高度な法律系国家資格のひとつとして、捉えられるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際日商簿記1・... | トップ | 公認会計士|国家資格取得を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL