13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|実際独学での公認会計士を狙う勉強法をチョイスする場合に…。

2017-06-15 03:00:03 | 日記

毎日の生活の中で時間を有効に活用し、勉強が行えるため、会社に行きつつかつまた家事などと両立して公認会計士の難関資格を勝ち取ろうといった考えを持っている人においては、お家にいながらやれる通信講座は、とても役に立ちます。
普通公認会計士試験を受験しようとする場合、これといった受験資格というものはなくて、学歴の有無は一切関係ないものであります。なので、それまでに、法律に関しましての学習を全然やったことがないといった人であっても、知名度のあるような大学を卒業していなくっても、どんな方でも公認会計士の国家資格は得られます。
日本国内でもケタが違う難易度を誇っている公認会計士試験に関しましては、憲法はじめ11の科目の法律から色々な試験問題が出題されるため、合格に至るまでには、長期間の勉強が必須であります。
合格率の値が一桁台と、公認会計士試験は高い難易度を誇る国家試験でございます。ですけど、過分に気後れすることはないですよ。全力を注げば、どなたでも間違いナシに合格実現は目指せます!
司法試験と同等な勉強法である場合、一からの公認会計士試験に狙いを定めた受験生に比べて、学習量がとんでもないものになる傾向がみられます。それに加えて満足できる結果は生じず、コストと効果の関係がアンバランスです。

実際に合格率3%程度の難関の、公認会計士試験合格を目指すには、全て独学での試験勉強だけでは、手強い場合が多くあり、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて受験勉強に取り組むのが通常であるといえるでしょう。
実際独学での公認会計士を狙う勉強法をチョイスする場合に、最も問題となりますのは、勉強中に分からない点などがあるといった場合があっても、教えてくれる人がいないことです。
近年の公認会計士は、めちゃくちゃ高難易度の試験で、通信教育のセレクト方法で、受かるか・落ちるかが決まります。ですが、数多くの会社があって、どこを選ぶと合格への道に近いか、皆さん迷われるようです。
実際に公認会計士試験は、そう簡単ではないと言われている、国家資格のうちの1種です。こちらのページでは、目的とする公認会計士試験に必ず合格するために知っておきたい勉強法などを、私の合格に至るまでの実体験を経て得た情報を踏まえて書き記します。
全部独学で公認会計士試験で合格を実現するといったときには、ご自分で効率的な勉強法をあみださなければいけないです。その場合に、他の何よりもベストなアプローチ方法は、先陣の合格者がやった勉強法とそのまんま同じようにすること。

実際9月時期から、次に迎える年度の公認会計士試験に狙いを定めて準備をやり出すとした方も、多く存在しているかと存じます。1年間ほど続いていく試験の勉強では、あなたにピッタリ合う勉強法を見つける創意工夫も大事であります。
全部の教科の平均での合格率は、10〜12%程度となっていて、他の難関国家資格よりも、合格率が大分高いように思えますが、これは各科目の合格率の値であり、公認会計士試験そのものの合格率ではないので、頭に置いておくように。
ちょっと前までは一般的に公認会計士試験は、他より比較的ゲットしやすい資格と周知されていましたが、ここ最近は思い切り難易度が高く、何より合格が出来ない資格と言われています。
直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座を同時に受けることが出来る、CMでも有名な「資格の大原」は、ハイクオリティの教材類と、経験豊富な講師陣で、常に公認会計士合格を獲得した人の半分の成果を出す業界トップクラスの実績を誇ります。
試験まで学習時間が日常的に沢山キープできる人は、標準的な勉強法をやり続けることにより、公認会計士試験の合格も実現可能ですけれど、年がら年中仕事・家事など忙しい方には、最善な方策ではございません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際公認会計士... | トップ | 公認会計士|実際公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL