13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|一年の内9月より…。

2017-06-17 02:00:06 | 日記

司法試験と同等な勉強法である場合、未経験の公認会計士試験のみの専業受験生と比較して、学習量がものすごいボリュームになる可能性あります。かつさらに妥当な結末は迎えられず、コストと効果のバランスが悪いです。
平成18年(2006年)度から、公認会計士試験制度については、グンと訂正されました。従前と異なる点は法令科目が、重点を置かれるようになって、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式の試験問題のようなこれまでになかった形式の問題も出題され始めました。
無論のこと独学スタイルで、合格を勝ち取るのは、できないことではありません。しかしながら、例年公認会計士の試験につきましては10人受けても、合格者ゼロの場合もあります高い壁の法律系国家試験です。それを乗り越えるには、適格な学習スタイルを会得することが求められます。
ほとんどの方は、名が通った会社であるため安心といった、何の根拠も存在しないアバウトな理由を掲げて、考え無しに通信教育を選ぶもの。しかしながら、それじゃあ高レベルの公認会計士に、合格出来るはずはないでしょう。
通学講座&通信講座の2種を同時に受講できるカリキュラムがある、資格取得専門の有名どころ「資格の大原」については、クオリティの高いテキスト一式と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、公認会計士資格合格者の半分の人数を出すといった信頼と実績があります。

実際に合格者の合格率が7%前後と言われると、公認会計士の資格試験の内容は非常に難易度が厳しそうでございますが、絶対評価により到達度点数の全体のうちの60%以上の問題がバッチリ解けるようであれば、試験に合格することは絶対でしょう。
基本公認会計士試験の主な特色に関しては、成績そのものを評価する試験で行われていて、合格者の上限数を決めていないから、受験問題の難易度そのものが、ダイレクトに合格率につながってくるのです。
会社に勤めながらも資格をとるための勉強をして、結局3回試験を受けて公認会計士資格試験に合格することができました、自身の過去を振り返っても、このところ2〜3年の間の難易度に関しましては、大分高めの傾向があるとした印象を持っています。
実際に費やすお金が30万円以上、または50万以上の負担を求められる、公認会計士を対象としている通信講座などもさほど珍しくありません。そうして受講期間についても、1年以上位の長期スケジュールのカリキュラムとなっているケースが、ままあります。
どんなタイプのテキストブックを用いて学ぶのかなんてことよりも、どういった勉強法を選んで取り掛かるかという方が、明白に公認会計士試験を通るためには大事であります。

一年の内9月より、来期の公認会計士試験に照準を合わせて下準備しはじめる受験生も、多くいらっしゃるのでは。およそ1年強やり続ける根気強さが必要とされる受験勉強の上では、ご本人に適当な勉強法を編み出すオリジナリティも必須といえます。
当HPにつきましては、プロの公認会計士が、公認会計士試験の効率の良い勉強法を基礎からアドバイスし、かつまた数多くの公認会計士資格取得専門の通信講座の評判、利用の感想などの情報を収集し、解説を載せている専門サイトであります。
並大抵ではないという風によく言われる公認会計士試験の難易度というのは、すごく高度であり、合格率を見ても概ね2・3パーセントと、国家資格内でも、10本の指に入る難関国家試験です。
事実法科大学院卒でも、不合格結果がもたらされることも見られるほどなので、効率的な最善の勉強法を色々考えて全身全霊で頑張るようにしないと、公認会計士試験合格を実現するということはメチャクチャ大変でしょう。
頑張って資格を取得し、数年後「自分のみのチカラで挑戦したい」としたような熱い気持ちがある受験生なら、どれだけ公認会計士の難易度の状況が厳しくとも、そのような垣根も確かに踏み越えることが可能だと思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|一般的に会計事... | トップ | 公認会計士|基本的に通信講... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL