13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|難所である「理論暗記」を中心に取り扱い…。

2017-07-17 14:00:03 | 日記

通常公認会計士試験を独学で合格することは、壁が厚いですけれども、勉強スタイルを上手く工夫するとか、必要な情報を確認することで、少ない時間で合格することも、不可能なことではないでしょう。
そもそも公認会計士試験の特徴を挙げると、成績そのものを評価する試験で行われていて、合格判定の合計人数をハナから決定付けていないから、一言で言うと出題された問題の難易度の程度が、ダイレクトに合格率になっています。
実際公認会計士の役回りをつとめるくらしの中の法律家として、活動に期待が集まる公認会計士については、社会的ステータスが高いといわれる資格です。ですので、その分だけ試験の難易度についてもとても高度です。
法人の所得税について定められている法人税法は、ビジネスをする上で、必要不可欠な要必須な事柄であります。ですが、覚えなければならないことが相当あるんで、受験者の中においては公認会計士試験の最大の壁となっています。
完全に独学にて勉学に励むほどの、モチベーションはございませんけど、ご自分の調子に合わせながら集中して学びたい方には、やっぱり公認会計士向けの通信講座を選定した方が、相応しい勉強法といえるでしょう。

世間一般的に合格率の数字が全体の7%前後とすると、公認会計士の資格試験については非常に難易度が高そうに思えますが、絶対評価による達成点数の全体の60%以上の問題がちゃんと正解することができたなら、受験に合格することは確かとなるといえます。
通常通信教育でありますと、公認会計士試験に向けての術をパーフェクトに記載した、資格取得向けの教材が揃えられておりますから、1人での独学よりも学習のスタイルが身につけやすく、勉強がやりやすいと存じます。
事実法科大学院卒業者であっても、試験に不合格となることがありえるほどなので、ツボを押さえた効果的な勉強法を色々考えて全身全霊で頑張るようにしないと、公認会計士試験合格を実現するということは難関といえるでしょう。
現実的に科目合格制という制度が設けられているため、公認会計士試験は、社会人受験生も受験に臨みやすいのですが、その分受験生活のスパンがずっと続く可能性があります。これまでの先人の方のGOODな勉強法を取り入れるのもよいのでは。
実際公認会計士試験については、生半可なものじゃないです。合格率の数値は、10%ちょっとです。けれども、一度に限った試験ではなくって、数年にわたり合格する予定でありましたら、そんなにハードなことではないといえるでしょう。

現在は公認会計士試験の指南を記した、コンテンツ・サイトや、現役で活躍している公認会計士が、受験生たちに向け定期的にメルマガなどを提供しており、情報収集の力のみならずやる気を上げるためにも活用することができるでしょう。
大手中心に大抵の学校においては、公認会計士資格取得を目指す通信教育が取り扱われています。そうした中には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、今の時代に合わせた通信教育を受けることができる、専門学校・スクールも多数でてきています。
難所である「理論暗記」を中心に取り扱い、公認会計士試験に向けての質の高い勉強法及び頭脳の開発、速聴力&速読力に関しましても徹底究明!他暗記法の秘訣であるとか、勉強に、便利で価値あるお役立ちアイテムを皆さんに提案していきます。
公認会計士試験の役割は、公認会計士になるために欠かせない造詣の深さ、そして応用力・考える力を有しているのかいないのかを、判別することを目当てに、執り行われる難関とされる国家試験でございます。
このところの公認会計士の試験は、合格率の割合が6%前後と周知されておりますので、事務系の資格内におきましては、難関といわれている資格だと言えます。しかし実際には、出題問題のうち6割正しい解答が出来れば、合格できるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|どこよりも低価... | トップ | 公認会計士|現実的に難関資... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL