13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|会社に勤務しながら資格をとるための勉強をして…。

2017-06-19 22:30:04 | 日記

実際に通信教育講座ですと、公認会計士試験に向けての対応策を完璧に取り扱っている、公認会計士資格専用の教材(テキスト・DVDなど)があるため、独学で取り組むよりも勉強の進め方が掴みやすくって、勉強がスムーズにいきやすいはずです。
1年に1度、2万名〜3万名程度の受験生が試験を受けて、その中の600人〜最高900人前後程度しか、合格判定を得ることが出来ません。その1点に目を向けても、公認会計士試験の難易度が高度であるのかが想像することが出来るでしょう。
毎年合格率が約2・3%の超狭き門の、公認会計士試験にて合格をゲットするには、全て独学での試験勉強だけでは、大変なケースがとても多くて、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して受験勉強をするというのが世間一般的でしょう。
当ホームページでは、公認会計士専用の通信教育(通信講座)を、満足のいくようにセレクトすることができるように、ニュートラルな立場にて評価できる情報を定期的に紹介していきます。そしてそれを参考にして、この先は自分の意志で決定してください。
関門であるといわれております「理論暗記」を中心に取り扱い、公認会計士試験に向けての質の高い勉強法かつ効果的な頭脳エクササイズのやり方、速聴や速読の能力トレーニングなどについても徹底追及!この他暗記力を高める方法ですとか、勉強をする中で、実用的なツールをこのサイトで情報発信していきます。

将来資格を得るために受験の勉強に取り掛かるという人にとっては、「公認会計士試験では、どれほどの学習時間を堅持したら合格できるのか?」というのは、大いに気になる所だと思われます。
一般的に公認会計士試験を誰にも頼らずに独学合格することは、難易度が高いですが、学習の仕方を変えてみたり、必要な情報を集めるようにすることで、短い期間・少ない学習量で合格することも、できるものです。
会社に勤務しながら資格をとるための勉強をして、何とか3回の受験で公認会計士合格を獲得しました、当方の実体験を思い返しても、昨今の難易度は、相当難しくなってきていると思っています。
実際に「法的な視点で考える力が備わっている人」であるのかないかをチェックするような、著しく難易度の高めの資格試験といわれているのが、今時の公認会計士試験の事実ではないでしょうか。
繰り返し演習問題でよく理解しベースを固めた後、具体的な学習問題へと切り替える、王道的な勉強法を採用するのが、公認会計士試験を受ける上での必須科目である簿記論の為には、大変有効性があるとされます。

公認会計士試験というのは、実際筆記形式の試験しか存在しないという風に、思っても問題ないでしょう。どうしてかというと、口頭試験につきましては、何か無い限り落ちるなんてことの無い形式的な試験だからです。
現実的に公認会計士は、全部独学だとしても合格出来てしまう資格の1つであります。とりわけ今、会社勤めの人が意欲を持って努力する資格としましては現実味がありますが、その反面難易度も高いレベルであります。
実際に通信講座ですと、公認会計士だとか公認会計士の資格でしても、どっちも自宅まで学習書などを郵送していただけますため、あなた自身の都合の良い段取りで、学ぶのが可能です。
そもそも科目合格制が設けられているため、公認会計士試験は、社会人受験生も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験生活の期間がずっと続く可能性があります。なので、先人の方々のやってきた勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
以前は合格率の値が10%位が当たり前だった公認会計士試験でしたが、昨今は、一桁の割合でおさまりつづけています。合格率一桁とした場合、難易度が厳しい国家資格の代表として、挙げてもいいでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|なるたけリスク... | トップ | 公認会計士|やはり公認会計... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL