13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|いかなる教材で会得するのか以上に…。

2017-07-12 00:40:02 | 日記

将来公認会計士資格をゲットする為に試験学習に取り組むという方なんかは、「公認会計士試験では、どの位の勉強時間を保持したら合格が叶うの?」ということが、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。
通学式の講座と通信式での通信講座をミックスして申込可能である、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、満足のいく教材と、加えて優秀な講師たちによって、公認会計士合格者全体の50%の人数の結果を出す絶大な信頼&実績があります。
合間の時間を有効に活用し、勉強を進めることが可能であるので、会社勤めや家事等と並立して公認会計士の資格をとろうと考えている受験者にとっては、空いた時間に出来る通信講座は、実に利便性が高いものです。
ユーキャン主催の公認会計士資格の通信講座につきましては、各年約2万人前後が受けており、一切法律の知識が無いという方であったとしても、根気よく資格をとることが出来るまでの手順をゼロの状態から身に付けることができる、高品質の通信講座となっています。
数ある公認会計士の通信講座の中でも、どれよりも一番にお薦めしたいのは、LEC(Legal Education Center) でございます。講座で使用する教本は、公認会計士資格取得の勉強中の受験者たちの間で、大変人気のテキスト書だと評判が高いです。

勉強できる時間が毎日不足なくキープできる人は、王道とされる勉強法をやり続けることにより、公認会計士試験合格が狙えますが、会社勤めをしているなど多忙な人に対しましては、いいやり方ではないでしょう。
通常公認会計士試験の独学での合格は、かなりハードといえますが、学習の仕方をアレンジするとか、様々な情報をキッチリ集めて吸収しておくことで、ごく短期間で合格への道を目指すことも、実現不可能なことではないのです。
毎年全教科の標準の合格率については、大体10〜12%位で、他の難関とされる資格よりも、合格率が上のように見えてしまいますが、それに関しては各試験科目の合格率の数字でありまして、公認会計士試験をひとまとめにした合格率というものではないです。
近ごろは公認会計士試験合格対策の、ホームページや、知識・経験豊富な公認会計士が、受験する人に勉強のコツなどを教えてくれるメルマガ等を発信中で、情報収集能力かつ学習意欲をアップするためにも活用できるものだと思われます。
間違った勉強法を実行して、わざわざ遠回りしてしまうということほど、意味の無いことはないでしょう。如何にしても、1番GOODな学習法で短期の間で合格を手にして、公認会計士として活躍しましょう。

実際合格率が平均7%といいますと、公認会計士の国家試験は超難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、特定の基準に基づいた最低60%以上の問題をしっかりクリアすれば、合格を獲得することは間違いないといえます。
普通、公認会計士試験に誰にも頼らずに自分の力で独学で合格を得るのは、容易なことではないという実態を認識しましょう。毎年の合格率が全体の10%に至らない現状によりましても、容易く認識することができるでしょう。
いかなる教材で会得するのか以上に、どんな効率的な勉強法で取り掛かるかという方が、確実に公認会計士試験で合格を勝ち取るためには大事であります。
本当に公認会計士試験を受けるには、全力を注がないようだと合格することが出来ない、レベルが高い試験だという風に感じています。即ち少しでも使える時間があったら効率良く&集中して使い勉強を継続した努力家だけが、結果的に合格できる試験といえるのです。
通信講座が学べるスクールかつ中身などもいろいろございます。それによって、複数の公認会計士の資格取得講座の中にて、仕事や家事で忙しいという方でも効率的に学ぶことが出来る、通信講座を持っている専門のスクールを比べてみました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|普通大半の方は…。 | トップ | 公認会計士|実際日商簿記1・... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL