13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|一般的に公認会計士試験は…。

2017-06-15 12:30:08 | 日記

丸々独学で貫きたいのは理解できるけど、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか試験勉強方法等に、気がかりに感じる等々の際は、公認会計士試験用の通信講座を申し込むのも、ひとつの手段ではないでしょうか。
押しなべて、公認会計士試験に全て独学にて合格を得るのは、難易度が高いという現実を確認しておきましょう。それについては合格率が毎年10%超えしない現実からみても、ダイレクトに思い浮かべることができるはず。
合格率の数字が7%ほどと、公認会計士試験は他の国家資格と比較して難易度が高度な資格試験です。そうは言っても、行過ぎるくらい構えることはございません。地道に努力を積み重ね続けることにより、誰でもしっかりと合格を勝ち取ることが出来ます!
一般的に公認会計士試験は、高難度の法律系国家試験ですから、勉強法をしっかり学べる専門スクールに頼った方が、リスクを避けられます。でも、独学であっても人によっては、とても効果がみられる場合もございます。
一切独学で公認会計士試験で合格しようというには、ご自分で効率的な勉強法を習熟することが必要です。このために、特段確実な手段は、過去の合格者がとっていた勉強法と同じことを実行することとされています。

目下皆様が、公認会計士の合格・資格取得までを書いたブログ等などのものを、様々リサーチして目を通しているワケは、きっと、どんな勉強法・進め方があなた自身にベストなのか、戸惑っているからではないですか。
通信講座のケースですと、公認会計士だとしても公認会計士にしましても、どちらも自宅まで教材一式を送付して頂くことができますから、皆さんの時間配分で、学習するということが可能でございます。
実際消費税法の内容は、公認会計士試験のメイン科目の中においては、あんまり難易度は厳しくなく、簿記の基礎の学識をしっかり持っておけば、比較的結構難なく、合格点数のボーダーを越すといったことが可能となります。
基本通信教育は、テキストはじめ教材全体の質が命といえます。近ごろではDVDをはじめとするオンライン配信といった動画授業も豊富に揃っていますが、それぞれの公認会計士の資格取得スクールによって、教材内容はかなり異なります。
当ホームページでは、公認会計士資格取得を目指す通信教育を、失敗しないようにチョイスすることができますように、ニュートラルな立場にて評価できる情報を掲載していきます。そうしてそれをベースに自分自身でベストなものを選んで下さい。

従来は公認会計士試験に関しましては、結構とりやすい資格なんて言い表されてきましたけれども、今日び大変ハードルが高くなっていて、超合格を得ることができないという資格であります。
資格試験に合格できないケースの、学習する合計時間数のリスキーな点を考えると、公認会計士資格の受験は専門スクールが開いている通信講座、もしくは通学タイプの講座を選択すると言うのが、より固いと考えます。
合格率の数字が全体の7%前後とすると、公認会計士の資格試験の中身はスゴク難易度が高度そうですが、絶対評価で到達点数の少なくとも60%以上の問題がバッチリ解けるようであれば、受験に合格することは疑いないのです。
現実的に専門知識が要求される法律系の内容であるので、難易度が非常に高度となっておりますが、原則的に公認会計士試験については、社会人を含めた多様な方々が受験に取り組みやすいように科目合格制度があるため、教科をひとつずつ複数年かけ合格を得ていく方法も、良いとされる試験となっております。
いざ個別の論点をやりはじめたら、関わる演習問題に可能なだけ取り組むようにし、キッチリ問題に慣れるようにするといった勉強法を採用するのも、公認会計士試験の中での簿記論対策に関しましてはとっても効果的とされます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際公認会計士... | トップ | 公認会計士|他と比較してリ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL