13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|なるたけリスクを避ける…。

2017-06-19 15:40:06 | 日記

当インターネットサイトは、現役で活躍中のベテラン公認会計士が、公認会計士試験に向けての適切な勉強法をアドバイスし、かつまた数多くの公認会計士資格取得専門の通信講座の受験生間においての人気の現状、利用者の感想等の情報を収集し、解説を載せているホームページです。
丸々独学でこなしてはいても、科目勉強の時間配分や勉強のやり方等に、少々心配になるといったような場合は、公認会計士試験向けの通信講座で勉強するというのも、ひとつの手段といえるでしょう。
毎回、公認会計士試験の合格率の数値は、ほぼ2〜3%強といわれています。長いスパンに渡る試験勉強時間とのバランスを考慮しますと、公認会計士資格試験がいかに難易度が高度となっているか察することができると思います。
最近の公認会計士については、著しく高難易度の試験で、通信教育(通信講座)の選定により、合格・不合格が決まってきます。だけど、種々の会社が見られ、果たしていずれの業者がベストなのか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。
最難関の「理論の暗記」を中心にして、公認会計士試験の効率的な勉強法、さらに頭脳を鍛える方法、速聴法・速読法ということについてもパーフェクトに掘り下げております!他暗記法の秘訣でありましたり、勉強を行う時に、有益な多様なツールを幅広く載せていきます。

果たしてどんな問題集を使用してマスターするのかではなく、いかような能率的な勉強法で臨むのかという方が、明白に公認会計士試験で合格のためには重要視されます。
なるたけリスクを避ける、安心できるように、用心するに越したことはないという意味で、公認会計士試験にチャレンジする際に、公認会計士資格取得対象の予備校などに通学した方が不安が減りますが、独学で貫くことを選択する考えも構わないと思います。
一般的に毎年、約2・3万人が試験を受け、600〜900人のみしか、合格をゲットできません。こうした現状をとり上げましても、公認会計士試験の難易度がとても高いといったことが認識できます。
ずっと前より、法令知識皆無のレベルからやり始めて、公認会計士試験合格に最低限必要とされる総勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。実際のところ、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間超とされています。
公認会計士試験の簿記論については、ボリューム量は膨大なのですが、ほとんど計算式の問題で組み立てられているため、公認会計士にとっては、割合独学で挑戦したとしましても、身に付けやすい教科内容といえます。

公認会計士の国家試験の合格率のパーセンテージは、ザッと1.75%と言われています。つい最近では、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院がつくられ、その教科過程を終了することになれば、新司法試験を受験することができる資格が得られるようになっています。
難易度が超高い資格の試験であっても、個々の科目ごとその度ごとに受験するということが可能とされているため、それにより公認会計士試験は、例年5万人超を超える受験者が揃って受験する、受かりにくい試験となってます。
事実公認会計士試験は、決して簡単なものではないです。合格率の数値は、おおよそ10%位です。だけど、一度きりの試験でクリアするのではなし、何年もかけることで合格獲得を目指すのであったら、言うほどヘビーなことではないといえます。
つい最近は公認会計士試験合格対策の、オンライン上のポータルサイトとか、長年の経験を持つプロフェッショナルの公認会計士が、受験生宛てにメルマガニュース等の発行を行っていて、情報力やまた勉強への意欲を高く持つためにも有効なものといえます。
普通通信教育は、公認会計士試験に集中した対策を全て網羅した、特化した学習教材がございますので、独学と比較して勉強方法が掴み取りやすく、勉強がスムーズにいきやすいと考えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|極めて専門的な... | トップ | 公認会計士|会社に勤務しな... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL