13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|極めて専門的な要素を含む試験の内容ですから…。

2017-06-19 09:50:02 | 日記

公認会計士資格に必須の簿記論は、把握しないといけない内容量は沢山ございますけれども、ほぼ全部いろんなテーマの計算試験問題で組み立てられているため、公認会計士は割りとオール独学であっても、身に付けやすい科目にあげられます。
元々、公認会計士の資格をとる際は、専門学校に行かないで独学で合格への道を目指すという人が多く存在していないことも関係して、その他の法律系資格試験より、市販の教科書もいうほど、ございません。
今、はたまた今後、公認会計士の試験に誰にも頼らず独学で試験を受ける人達に向けた、情報配信サイトになります。サイト内では合格を目指すための身につけておくとベターなテクニックはじめ、詳しい仕事の事柄、そのやりがい等を様々に伝えております。
原則的に独学で勉強して、合格を獲得するというのは、不可能なことではございません。さりとて、公認会計士は10人受験をしたとして、1人も通過できないときもみられる非常に門戸が狭い試験となっております。そこを勝ち抜くには、早い段階に適切な学習テクニックを自分のものにすることが要求されるのです。
間違った勉強法を実行して、わざわざ遠回りしてしまうことほど、無意味なことはございません。必ずや効率的な手段で短期にて合格を得て、念願の公認会計士の仕事に就こう。

通常通信教育でありますと、公認会計士試験1本に焦点を合わせた方策を不足なくピックアップした、受験向けの学習材があるので、独学と比較して学習一連の流れが掴み取りやすく、より学びやすいはずです。
通学講座&通信講座の2種を一緒に受けられる、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、優良な教材類と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、毎年公認会計士合格者の全体の1/2以上の結果を出す高い実績を有しています。
極めて専門的な要素を含む試験の内容ですから、難易度がとても高めでありますが、元々公認会計士試験では、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度を取り入れているから、一つの教科毎に1年1教科で5年にわたり合格を獲得していくやり方も、アリの試験とされています。
もとより公認会計士試験を自分の力で独学にて臨むといったことは、物凄く厳しいことでありますけれども、前向きに頑張りたいとやる気がある人は、最初に必須とされる会計科目の学習からし始めると良いかと思います。
法人税の個別の検討論点に取り組み始めたとしましたら、関わる演習問題になるべく何度も挑んで、とにもかくにも問題に慣れるようにしておくような勉強法を新たに盛り込むというのも、公認会計士試験での簿記論試験対策においては大変有効となります。

今日び公認会計士試験の指南を記した、インターネットサイトや、プロの公認会計士が、受験生向けに効率的な学習法を伝えるメルマガ等を出していて、情報力や意気込みをアップするためにも有効なものといえます。
この先公認会計士資格をゲットする為に試験学習をやり始める受験者においては、「公認会計士試験に於いては、どの程度の勉強時間を持ったら合格できるんだろうか?」という問いは、やはり把握しておきたいかと思います。
実際法務専門の法科大学院で学業を修めた方でも、不合格判定になることが見られるほどなので、適正な効果的な勉強法をよく考えて真面目に取り組まなければ、公認会計士資格試験に合格するのは容易なことではございません。
課税等の消費税法は、公認会計士試験の必須科目の中では、そんなには難易度は高度ではないもので、簿記に関する基本知識をマスターしておいたら、相対的に困難とせず、合格を勝ち取るといったことが可能となります。
実際に司法試験と似た勉強法でありますと、一からの公認会計士試験専業の受験生と見比べて、勉強量+時間が非常に沢山になりがちであります。さらに満足のいく成果はあらわれず、費用対効果が望めません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|当然ながら公認... | トップ | 公認会計士|なるたけリスク... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL