13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|実際に独学での公認会計士資格取得の勉強法を選択する際に…。

2017-07-16 13:50:05 | 日記

実際5種の教科に合格できるまで、長い年数がかかってしまう公認会計士資格受験では、常に勉強をやり続けられる環境づくりが、決め手で、現実通信教育での講座は、一段とそれが言えることと思います。
予備校の公認会計士講座を受講したいけれども、近いエリアに予備校がどこにもない、仕事が忙しく休みがとれない、学校に足を運ぶ時間が全くないとした人たちのために、各スクール毎で、家で勉強することが可能な通信講座の提供を行っています。
当HPにつきましては、公認会計士のスペシャリストが、公認会計士試験の効率の良い勉強法の紹介を行い、主な公認会計士向けの通信講座の世間の人気度、利用者の感想等を独自で調査し、とりまとめたHPとなっています。
一般的に法律系の国家資格であり、深い知識・経験を要する職務を果たす、公認会計士はじめ公認会計士ですが、難易度を見ると公認会計士の方が難度が高くて、それだけでなく活動内容にも、色々な点で各々異なっております。
それぞれの科目毎の合格率の比率につきましては、ほぼ10%前後と、全ての教科ともに高い難易度とされる公認会計士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、会社に勤めながら合格を志せる、資格といえるでしょう。

実際に独学での公認会計士資格取得の勉強法を選択する際に、最も支障をきたすのは、勉強に取り組んでいる途中に何か疑問事項が出現した場合があれど、誰にも聞くことが出来ないことです。
実際に講座を学ぶことができる予備校も学習法に関しましてもいろいろございます。であることから、様々な公認会計士を対象に開かれている講座の中より、働いている人でも両立して効率的に学ぶことが出来る、通信講座を開催しているスクールをピックアップし比較しました。
従来より毎年、2万〜3万人前後の受験者が挑戦し、600〜900人位しか、合格をゲットできません。その点を見ても、公認会計士試験の難易度の様子がわかるといえます。
合格者が少ないと言われている公認会計士試験の難易度は、すごく高めで、合格率の平均値もたったの2%・3%と、国内の国家資格の中でも、10本の指に入る超難関試験といえます。
世間一般的に国家資格内でも、難易度が相当難しい公認会計士でございますが、しかしながら合格を切り開く過程がキツイからこそ、ようやく国家資格を得た後は売り手市場やお金、より高い地位を得ることが出来るようなこともありうるのです。

生涯学習のユーキャンの公認会計士の試験対策講座は、毎年大体2万人以上より受講の申込が集まり、ほとんど知識無しの未経験者でも、根気よく資格を取得することが出来る効率的な勉強方法をゼロの状態から身に付けることができる、高品質の通信講座となっています。
実際公認会計士の業種は、最初から最後まで独学でやっても合格することが可能である資格のうちの一つです。中でも只今、仕事を持っている方がやる気を出して臨む資格としてはとても有望ではありますけれど、その反面高難易度とされております。
日本で実施されている国家資格の中でもトップレベルの難易度といわれている公認会計士試験の概要は、11分野の科目の法律から幅広い難しい問題が出るため、合格するまでには、長期的な勉強時間の確保が欠かせません。
社会人として働きながらも、公認会計士を狙うなんて方も存在すると思われますので、自らの進められることを日常的に絶えず継続していくのが、公認会計士試験合格へのショートカットになるのかも。
一流の教師の方にその場で見てもらえるスクール通学でのメリットは、惹き付けられるものがありますが、いつも高いモチベーションさえ維持すれば、公認会計士専用の通信教育で学ぶことで、満足のいくレベルアップが出来るでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|基本的に科目合... | トップ | 公認会計士|学習にあてるこ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL