13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は…。

2017-07-15 02:20:02 | 日記

公認会計士の資格を取得して、そう遠くない将来「独力で前進したい」等といったポジティブな志がある受験者でありましたら、どんなに公認会計士資格の難易度が超高いものでも、その障害物も必ずや超えて成就することができることと思います。
法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は、法人として事業を行っていくにあたり、必要不可欠な基本の知識です。そうはいえども、全体のボリューム量がかなり沢山あるため、しばしば公認会計士試験の高いハードル等と表現されていたりしています。
難易度高の国家資格の試験に関係なく、一つの教科毎に分けて受験することも出来るので、それにより公認会計士試験は、1年に1度5万人位の方が受験に臨む、難関の試験となっております。
講義を収録したDVDや、教科書を見る学習の仕方に、ちょっぴり不安な気持ちがありますけれども、実際通信講座を活用して、公認会計士の難関資格を取った受験生もとても多いし、オール独学よりかは、マシであるだろうと受け止めています。
なるたけリスクを避ける、安全性を重視、確実なものにするためにといった考えで、公認会計士試験を受験する際、公認会計士を対象とする専門の学校に頼った方がおススメではありますが、それは必ずしもではなく独学を選択することもいいかと思われます。

事実「法をベースに考える頭を持った方」かそうでないのかを見極めるような、著しく高難易度の法律系国家試験に変化してきているのが、昨今の公認会計士試験の実態ではないでしょうか。
実際合格率約7〜8%と、公認会計士試験は非常にハードな難易度の試験となっています。ですけど、不必要に恐れなくても良いです。本気で勉学に励むことにより、誰であっても着実に合格への道は開けますよ!
今の時代は公認会計士試験の対応策用の、インターネット上のサイトページであるとか、長年の経験を持つプロフェッショナルの公認会計士が、受験生の為にメールマガジン等を提供しており、情報収集及び士気を高く持つためにも役に立つかと存じます。
会社に勤務しながら寝る間を惜しんで勉強に励み、3回目の正直で挑んだ試験で公認会計士合格を果たした、小生の過去を振り返っても、ここ数年の難易度は、相当上昇してきていると思っています。
根本的に公認会計士試験の特徴を示しますと、指標に基づき評価を行う試験制度が設けられており、合格者の上限人数を決めていないから、つまり問題内容の難易度レベルが、リアルにそのまま合格率につながってくるのです。

基本公認会計士試験を独学にてパスしようとするのは、高難度でありますけれど、勉強法を上手く工夫するとか、様々な情報をキッチリチェックすることで、ごく短期間にて合格を叶えるなんてことも、可能になります。
超難関資格試験と聞こえが高い公認会計士試験については、全力で取り組まないと合格が難しいです。そして全て独学で試験に合格する場合は、相当の努力が必要となってきます。僅か程度であってもサポートすることができるホームページとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。
通学授業プラス通信講座の2タイプをセットにして受講できるカリキュラムを設けている、専門スクール「資格の大原」に関しては、高品質の教材と、ベテランの講師たちにより、常に公認会計士合格を獲得した人の半分の成果を上げる素晴らしい実績を残しております。
不適切な勉強法を取り入れて、茨の道に入ってしまうというのはめちゃくちゃもったいないことであります。如何にしても、効率的な勉強法によりごく短期で合格を見事果たして、公認会計士になる夢を叶えましょう。
はじめから会計事務所とか公認会計士事務所に就職し、現場において実地経験を積みスキルを磨きながら、コツコツ勉強を行うというタイプの方は、どちらかといって通信講座(通信教育)が適切といえるかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|結論から述べる... | トップ | 公認会計士|高難度の「理論... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL