13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|DVD教材や…。

2017-06-14 10:00:05 | 日記

合格率の数値が僅か7%と聞きますと、公認会計士の試験の程度はとても難易度が高く感じますが、基準点の合計60%以上の試験問題をしっかりクリアすれば、受験に合格することは疑いないのです。
現実的に高い難易度を誇る資格試験になっておりますけど、それぞれその度ごとに受験可能なことなどから、そんなわけで公認会計士試験におきましては、従来より毎年最低5万名以上もの方が揃って受験する、人気が高い試験なんです。
科目合格制となっている、公認会計士試験のシステムは、同じ時に一度で、5種の分野の科目を受験することは決められておらず、それぞれの科目ごと1件ずつ受けても良しとされています。合格科目に関しましては、いずれ公認会計士となるまで適用されます。
昔から毎年、2〜3万人がチャレンジし、そのうちの600人から900人程度しか、合格が難しいです。この点に目を向けても、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかが想像することが出来るでしょう。
1教科ずつの合格率の比率につきましては、ザッと10%くらいと、1教科1教科ともに難易度が高いとされる公認会計士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、会社で働きながら合格を現実にすることが可能な、国家資格といえます。

実際に「くらしの法律家」として、社会に貢献できる公認会計士を受験する際、前提条件や資格は関係ありません。誰であってもトライ可能でありますから、通信教育の資格講座でも、性別かつ年齢関係ナシに人気抜群の法律系資格となっています。
実際公認会計士試験の合格率の数値は、10%位と、難易度レベルが高めと知られているにしては、比較的高い合格率となっております。ただし、最初の一発で合格を可能にするのは、0%に限りなく近いと言っても過言ではありません。
日商簿記検定で1級または2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格をゲットされた受験生ならば、公認会計士試験におきまして簿記論ですとか財務諸表論の2種類につきましては、これもオール独学で合格を狙おうとすることも、難易度が高いわけではないでしょう。
実際公認会計士試験に関しては、年も性別ともに受験の資格なんか無く、過去を遡った学歴なんかは条件に入っていません。なので、それまでに、法律につきましての勉強を行ったことがない場合でも、名高い大学を卒業していないという方でも、公認会計士の資格は取得できます。
当サイトでは、公認会計士資格の通信教育を、キッチリチョイスすることができますように、客観的な見方により判断することが可能な役立つ情報を色々載せていきます。そして、その後は己自身で最適なものを選んで。

今、もしくは将来、公認会計士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学で挑戦する受験者のために作り上げた、お役立ちポータルサイトであります。当サイトにおいては合格する為の鍵ですとか、先輩公認会計士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など毎日発信しています。
DVD教材や、テキストを活用しての受身の勉強法に、ちょっとばかり心配&不安があったりするのですけど、本当に通信講座にて、公認会計士資格をゲットした方もいっぱいおりますし、独学する選択をとるよりも、いくらかマシなはずと思っているのです。
事実、公認会計士試験は、ハイレベルな法律系国家試験ですから、とりあえず公認会計士対象の専門学校に行くようにした方が、いいかもしれません。しかし、全て独学でやっても各個人によって、とても上手くいくなどのケースもあるわけです。
今時は公認会計士試験で合格を目指す、ネットサイトですとか、知識・経験豊富な公認会計士が、受験生に宛ててメルマガニュース等を発行しており、情報力やまた勉強への意欲を保持し続けるためにも役立つものではないかと思います。
前は公認会計士試験については、相対してとりやすい資格なんていった様に述べられてきましたけど、近年におきましてはグンとハイレベルになっており、他の資格よりも合格することが困難であるという資格の一つになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|例年…。 | トップ | 公認会計士|実際に公認会計... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL