13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|現実的に合格率の数値は…。

2017-07-13 21:50:04 | 日記

通信教育の場合、公認会計士試験1本に焦点を合わせた方策を全て網羅した、資格取得向けのテキストやDVD教材が揃っているので、1人での独学よりも勉学の流れが得やすく、勉強を効率的に進めやすいと考えます。
もとより公認会計士試験を一から独学で実行するのは、著しくハードルが高いのですが、前向きに頑張りたいと思われているような方は、第一に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから取り組むようにするといいでしょう。
一般的に公認会計士試験は、年齢に関してや性別・学歴・経歴などといった条件は決まっていないから、どなたでも幅広い層の方々が試験を受けることができるようになっています。これまで法律についての知識・情報がゼロの初心者であろうと、ちゃんとした受験への対応策をとれば、合格することも不可能ではないですよ。
現実的に合格率の数値は、公認会計士国家試験の難易度状況を示す明瞭な指標のひとつとされておりますが、ここにきて、この値がハッキリと落ち込んできていて、大勢の受験生達から広く関心を集めています。
前もって法律に関する知識など無いのに、比較的短いスパンにて公認会計士試験にて合格を可能にした先達も存在します。彼らの大半に共通して見られるポイントは、己に合った「現実に即した勉強法」に出会うことができたことです。

予備校の公認会計士資格取得講座を受けたいと思うのだけど、近場にスクール無し、仕事がとても忙しくて時間がとれない、学校に足を運ぶ時間が全くないなどの人を対象とし、それぞれの学校では、手軽な通信講座を開いています。
実はDVD及び、テキストだけでの勉強アプローチに、多少不安感があるのですが、現に通信講座を利用して、公認会計士の資格取得を実現している受験生もとても多いし、全部独学で実行するよりは、良いのではないかと思っております。
なるたけリスクを避ける、安心できるように、念を押してという狙いで、公認会計士試験のケースでは、予備校に頼った方が良いといえますけれど、独学で行うというのを選んでも良いのではないでしょうか。
一般的に平均の合格率が全体の内の7%だと言われると、公認会計士の資格試験の内容は極めて難易度が厳しそうでございますが、設定された目安の総体的に60%を超える問題がキッチリ解けたならば、合格を勝ち得ることは絶対でしょう。
実際に教師陣の授業をリアルタイムに受けられる専門学校へ通うプラスの点は、大変魅力がありますけれど、前向きなやる気さえ保つことが出来れば、公認会計士通信教育での勉強で、バッチリ実力を育むことが可能だと思います。

まさに現在、あるいは近い将来、公認会計士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学で挑む受験生対象の、総合サイトでございます。ページ内には合格を獲得する為の工夫や、業務内容、かつまたお仕事の魅力等を様々に伝えております。
公認会計士資格取得試験をパスするには、原則的に効率良い勉強法で進めるのが、非常に大事となります。このネットサイトでは、公認会計士試験の予定表をはじめとした高精度のテキストの選び方など、資格に挑む受験生にお役に立つ情報などを載せています。
実際とても難しいと言われている公認会計士試験の難易度に関しましては、とっても高度であり、合格率の平均値もたったの2%・3%と、日本の国家資格の中でも、有数の難関資格試験となっております。
私自身公認会計士試験の勉強を進める中では、集中力が長く続かなかったり、モチベーションを持ち続けることが困難だったりなどの弱点も味わいましたが、総合的に見て通信講座をやって、良い結果を得られたように思えます。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制でございますため、公認会計士試験におきましては、お仕事をしている社会人も受験しやすいわけですが、その反面、受験に費やす時間が長期になるということがよくあります。たくさんの諸先輩の行ってきた勉強法を覗いてみることも大切です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|オール独学で行... | トップ | 公認会計士|このサイトは…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL