13年の経験を持つ会計士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|簿記論の教科に関しましては…。

2017-06-17 12:10:02 | 日記

公認会計士試験にて合格を得るためには、自分に合った正しい勉強法で行うのが、極めて肝です。こちらのサイトにおいては、公認会計士試験当日の日程やまた専門の参考書の選び方など、受験生を対象に有益となる情報各種をまとめてみました。
実際に公認会計士試験を独学で合格するのは、容易なことではありませんが、勉強のやり方を効率よくしたり、多くの情報をいろいろと集めて吸収しておくことで、ごく短期間で合格を勝ち取ることも、可能でしょう。
社会人をしながら、公認会計士を狙うといったような人々もおられるかと思いますから、自らのやるべきこと・やれることを日課として絶えずやっていくということが、公認会計士試験合格への最も近い道となるのかもしれないです。
簿記論の教科に関しましては、覚えなければいけない量は多いですが、ほぼ全部計算問題メインで出題が行われますから、公認会計士になるには他の法律系国家資格よりも独学で挑戦したとしましても、取り組みやすい種類の試験科目とされております。
何年か前までは合格率の割合が10%台あった公認会計士試験だったけれど、昨今は、一桁の割合におさまっています。合格率一桁のケースですと、難易度レベル高の国家資格の1業種として、挙げてもいいでしょうね。

今現在、ないしは先々、公認会計士に独学スタイルで受験を行う方々あてにつくった、多様な情報等を配信するサイトです。当サイトにおいては合格する為のキーポイントまた、仕事の内容、業種の魅力などを様々に伝えております。
一般的に従来から、法令知識皆無のレベルから着手して、公認会計士試験合格に要するトータル学習時間は、少なくとも「3000時間位」とされています。現実確かに、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間になっています。
ずっと独学スタイルで勉学に励むほどの、モチベーションはございませんけど、自分のリズムで学べればといった人でしたら、やっぱり公認会計士向けの通信講座を選んだ方が、効率的な勉強法といえるのでは。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、難易度が高いことを誇る公認会計士となっていますが、けれども合格できるまでの経路がハードであるほど、資格を勝ち取った将来には需要の高さや年収、かつまた社会的身分の高い立ち居地を手にすることができる見込みもあります。
今諸君が、国家資格の公認会計士の実際の合格体験記などのものを、様々情報収集して読んでいる理由というのは、大半が、どういう取り組み方や勉強法がご自分に効果的なのか、戸惑っているからではないですか。

現実的に法科大学院を修了したスキルを持つ人だろうと、合格できないことがありえるほどなので、核心を突いた最善の勉強法を考えた上で本気で臨まないと、公認会計士の試験に合格をするのは困難といえます。
科目ごとの合格率の比率につきましては、約10%強というように、各々の教科ともに高い難易度とされる公認会計士試験は、1回に全部合格する必要の無いので、勤務しながらの合格も無理ではない、資格でございます。
大手中心に大抵の学校においては、公認会計士になるための通信教育が開催されています。そういった中には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、時代に沿った新しい通信教育を実施している、専門学校・スクール等もございます。
現実国家試験の公認会計士試験の合格率につきましては、10%位と、物凄く難関と言われております割には、別の国家資格と比べて高い合格率となっています。とは言え、一度目で合格実現を果たすというのは、ほとんど0%と言われているようであります。
実際公認会計士試験に関しては、詳しい受験の制約なんてなくって、学歴に関しては問われません。そのため、過去に、法律に関する詳しい勉強を何もしたことが無くとも、優秀な大学卒の経歴が無くとも、公認会計士の資格は取得できます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|基本的に通信講... | トップ | 公認会計士|原則的に独学で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL